logo

ウィルコム公式サイトおよびイー・モバイル向けゲームサイト「Living Games」にて クトゥルフ神話の世界観をモチーフとしたサイコなアクションホラーアドベンチャー 『アンソニー・クリーガンの事件簿 Act1』を配信!!

株式会社ワーカービー(東京都千代田区、代表取締役:加藤祐司)は、ウィルコム公式サイトおよびイー・モバイル向けゲームサイト「Living Games」(リビングゲームズ)にて、6月2日より『アンソニー・クリーガンの事件簿 Act1』を配信開始しました。

■概要
H・P・ラヴクラフト原作のクトゥルフ神話の世界観をモチーフとした、アクションホラーアドベンチャーゲームです。
プレイヤーは、私立探偵「アンソニー・クリーガン」となり、自らに依頼された不可思議な事件を解決するために、ゲームを進めてゆくことになります。
ゲームに登場する3人のヒロインに対する会話や行動によってストーリー展開が変化するマルチエンディングシステムを採用しています。
敵との遭遇時の戦闘パートでは、襲ってくるモンスターを相手に本格的なガンアクションのゲームを楽しむことができます。
(c)Elements
(c)Worker Bee Inc.

■「アンソニー・クリーガンの事件簿」シリーズ特長
1) クトゥルフ神話をモチーフにしたホラー
本作は、H・P・ラヴクラフト原作のコズミックホラー「クトゥルフ神話」の世界観をモチーフとし、私立探偵アンソニー・クリーガンが出会う様々な怪異現象が語られます。
舞台となるのは1920年代のアメリカにある片田舎に居を構える大富豪の豪邸。
プレイヤーは、主人公の「アンソニー・クリーガン」となり、自らに依頼された不可思議な事件を解決するために、ゲームを進めてゆくことになります。

2) ヒロインとの親密度で変化するシナリオ
ゲームには大富豪の娘となる三姉妹の、3人のヒロインが登場します。
おしとやかな物腰の美女、長女ジェーン。快活で活動的な美女、次女キャシー。人見知りで霊感の強い三女ドミニク。
ストーリー中の選択肢による、彼女達への会話や接し方でゲームは異なる展開を迎えます。
ゲーム展開によって異なるエンディングが複数用意された、マルチエンディングシステムを採用しています。

3) ガンアクションによるモンスターとの戦闘
ゲーム中に敵のモンスターと遭遇した場合は戦闘パートへと切り替わります。
戦闘パートでは主人公が所有する特殊な銃「サイコ・リボルバー」を使用して敵を撃退します。
ゲームは主観視点のガンアクションとなり、弾切れに注意しながら敵を撃って倒します。
小型の雑魚から、人間より遥かに巨大なボスモンスターまで多彩な敵モンスターが登場します。

■主な仕様
○対応機種
Advanced/W-ZERO3[es]
H11T

○料金
315円(税込)/ダウンロード
※別途データ通信料がかかります。

○アクセス方法
ウィルコム公式サイト > ゲーム・アプリ > Living Games
コンテンツリスト > エンタメ > Javaゲーム > Living Games

※「EMnet」の名称はイー・モバイル株式会社の商標または商標登録です。
※その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワーカービー 担当:加藤
Tel/Fax: 03-3237-0233 e-mail: info@livinggames.jp
〒102-0074 東京都千代田区九段南 4-6-10 近清堂ビル 5F
リンク
――――――――――――――

このプレスリリースの付帯情報

アンソニー・クリーガンの事件簿 Act1

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■「Living Games」および「WORLDゲーム城」概要
リンク(PC、ケータイ共通)
NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルの国内各キャリア向けにサービスを行なっております。
国内に限らず海外で大ヒットを記録し高評価を得ているゲーム、もしくはゲーム性の高いコンテンツを収集し、当社のノウハウを加え、日本で配信しています。また、高品質なFlashコンテンツを無料で提供するLiving FLASHは、配信中のアプリをモチーフとしたものや、サッカー関連やシーズン毎の待受FLASH等、充実した内容となっています。


■株式会社ワーカービー概要 リンク
株式会社ワーカービーは、モバイル端末の開発を行っていたチームが中心となり、2003年11月に設立しました。ゲームなどのコンテンツ開発にとどまらず、海外コンテンツの国内配信移植および配信サポート、また楽天証券様の「iSPEED」、カラージップ様の「ColorCode Reader」といったビジネス向け携帯アプリの開発を積極的に展開しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事