logo

EMC、新しいクラウド・コンピューティング向けストレージ・サービスと情報管理機能によってリーダーシップを拡大

~新たなストレージ・サービス「EMC(R) Atmos onLine」および外部へのクラウド連携機能を発表~

EMCコーポレーション(本社:マサチューセッツ州ホプキントン、会長 兼 社長 兼最高経営責任者(CEO):ジョー・トゥッチ、NYSE略号:EMC、以下EMC)は、本日、新しい情報ストレージ・サービスおよび業界をリードする情報管理機能を発表し、クラウド・インフラストラクチャ製品群をさらに拡充しました。これらの製品群は、あらゆる規模のお客様にとって、大量の情報の保存、保護、配信のための、コスト・パフォーマンスに優れた新しい選択肢となります。このたび新たに加わったサービスおよび機能は以下の通りです。

* 「EMC Atmos onLine」
業界をリードする、ポリシーに基づいた情報管理プラットフォーム「EMC Atmos」を使用して構築された、インターネットを通じて提供される新しいクラウド・ストレージ・サービスです。「EMC Atmos onLine」は、あらゆる規模のお客様に、COS(Cloud Optimized Storage:クラウドに最適化されたストレージ)機能を提供します。COSは、信頼性の高いサービス・レベル、情報保護、安全なアクセスを提供しながら、大量の情報をコスト・パフォーマンスに優れた方法で移動および管理するために必要な機能です。
* 内部から外部「EMC Atmos」への連携機能
内部から外部のAtmosクラウドへのデータの移動、すなわち「連携」を可能にする新しい機能です。たとえば、社内の情報を外部のAtmosストレージ・クラウドと連携するポリシーを設定することで、高いコスト・パフォーマンスと連携を実現できます。

「EMC Atmos onLine」は、オンライン・ストレージ・リソースへの瞬時のアクセスを提供することで、お客様の設備費と管理費を削減します。このサービスによって、オンデマンドのオブジェクト・ストレージによる柔軟性とコスト・パフォーマンスとともに、ポリシー設定やデータの保存など、現代の企業が必要とする管理を実現できます。

さらに、内部から外部のAtmosクラウドへの連携機能によって、社内の境界を越えてリソースを管理し、拡大することが可能になります。多くのお客様はすべての情報をインターネットのクラウド・インフラストラクチャに移すことを好まないため、クラウド・ベースのコンピューティング・モデルを採用する際には、連携機能が重要な判断基準の1つとなります。連携機能を備えた「EMC Atmos」を利用することで、お客様は、どのデータをどこに保存するかという重要な管理と選択肢を維持しながら、クラウド・サービスによる高いコスト・パフォーマンスと運用効率を実現できます。

IDCのエンタープライズ・ストレージ・システム調査担当の副社長であるBenjamin S. Woo氏は次のように述べています。「IT組織がクラウド・ストレージ・テクノロジーの採用を望んでいることは明らかです。同時に、既存のアプリケーションとインフラストラクチャへの投資を無駄にせず、データの保存場所に関する管理を維持しなければならないことも明白です。『EMC Atmos』では、社内からオンラインへのデータ連携機能を導入することで、クラウド・ストレージに対する差別化されたアプローチを取りながら、今日の IT組織が求めている、クラウドが備える選択肢、管理、柔軟性、そしてコスト・パフォーマンスを実現しています」。

AT&T は、AT&T Synaptic Storage as a Serviceと呼ばれるストレージ・オン・デマンド・サービスを実現するために「EMC Atmos」を選択しました。このサービスでは、エンタープライズ・クラスのお客様は、任意のWeb対応デバイスを使用して、時間や場所を問わず、データの保存・配信・取得に関する管理を行えます。

AT&T Business Solutionsの戦略およびアプリケーション・サービス担当上席副社長であるRoman Pacewicz氏は次のように述べています。「AT&Tは常に、お客様のビジネス課題を解決できるような優れたサービスを提供するために取り組んできました。AT&Tは、EMCと協力することで、変化するビジネス・ニーズへの対応に役立つデータの保存、配信、取得を可能にする、柔軟でコスト・パフォーマンスに優れたソリューションをお客様に提供できます」。

「EMC Atmos」について
*日本では未発売
「EMC Atmos」は、情報をグローバルに一元管理し自動的に配置する機能を提供することによって、Web 2.0プロバイダやインターネット・プロバイダ、通信事業者、メディア/エンターテイメント企業がクラウド・ベースの大規模な情報中心のサービス/アプリケーションを安全に構築して提供できるようにします。「EMC Atmos」では、情報のグローバルな配信と処理の方法を決定するポリシーをお客様が定義できます。

お客様は、堅牢で柔軟性の高い分散型クラウド・ストレージ・インフラストラクチャの構築に「EMC Atmos」を利用されています。たとえば、eBay社は、ストレージに関するニーズに対応するために「EMC Atmos」を選択されました。

eBay 社のテクノロジー・オペレーション担当副社長であるMazen Rawashdeh氏は次のように述べています。「eBayとEMCは1年以上にわたって緊密に協力し、拡大し続けるeBayのビジネスにおけるニーズに対応できる、高い信頼性と拡張性を備えたクラウド・ストレージ・インフラストラクチャを構築しました」。

当資料は、2009年5月18日に米国で発表されたニュース・リリースの抄訳です。米国で発表されたニュース・リリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
リンク

EMCコーポレーションについて
米国EMCコーポレーションは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーです。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWeb サイトをご参照ください。
リンク

本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社  マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾、Tel: 03-5308-8888(代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail:japanpr@emc.com

EMCは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事