logo

「北朝鮮の核実験に抗議し、核の放棄を求める決議」について

5月25日に朝鮮民主主義人民共和国が地下核実験を実施したことを受けて、箕面市議会は平成21年第2回定例会第1日に「北朝鮮の核実験に抗議し、核の放棄を求める決議」を全会一致で可決しました。

北朝鮮は二〇〇六年十月九日に続いて、本年五月二十五日に地下核実験を強行した。これは、いかなる核実験や弾道ミサイルの発射も実施しない事を要求した国連安保理決議と、一切の核兵器と核計画を放棄するとした六カ国協議共同声明に明らかに違反するものである。

平穏な生活を一瞬のうちに塵芥と化す核兵器開発のための核実験は、到底許されるものではなく、世界の人々の核兵器廃絶と平和を求める願いを踏みにじり、我が国をはじめとする北東アジア地域や国際社会の平和と安全を脅かす行為であり、断じて許すことはできない。

よって、箕面市議会は、北朝鮮の行動に強く抗議するとともに、今後予定している全ての核実験を中止し、核兵器の廃絶に向けて行動するよう強く求める。
 以上、決議する。

平成二十一年六月一日
箕面市議会   

問い合わせ先
担当 議会事務局 議事課
電話  072-724-6705
ファクス 072-724-1568

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事