logo

トヨテック、eMplex PBMでシステム開発プロジェクトの個別収支「見える化」を実現、4月より本格稼動

エンプレックス株式会社 2009年06月02日 14時00分

エンプレックス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:沢登 秀明、以下エンプレックス)は、トヨタ自動車株式会社および都内トヨタ直営販売店向けの業務システム開発、保守運用管理、Webサイト企画制作を行っている株式会社トヨテック(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村 和雄、以下トヨテック)の個別プロジェクト採算管理システムをeMplex PBMで構築し、2009年4月1日より本格稼動したことを発表いたします。これにより、各種システム開発案件の個別採算管理がリアルタイムで可能となり、運用負荷及びコストの大幅な軽減と、利益確保に寄与する仕組みが整備されました。

トヨテックでは、かねてより現場担当者の業務負荷を軽減するプロジェクト採算管理手法を検討する中で、個別プロジェクトの原価をリアルタイムで「見える化」できるシステムの必要性を感じていました。システム選定の際には、2009年4月1日に施行された工事進行基準の対応を必須要件としていたこともあり、工事進行基準対応機能を標準装備するeMplex PBMの採用を決定しました。

システム導入を契機に、内部統制強化に向けた社内フローの整備にも着手し、制作現場でのコスト管理を徹底して採算意識向上を促す基盤を作り上げました。さらに、eMplex PBMと財務会計システムとの連携により、月次決算を早期化、更なる業務効率化と「カイゼン」を目指します。

導入にあたっては、エンプレックスのコンサルタントがシステム導入支援を担当し、2008年10月のプロジェクト開始後、トヨテックの業務に最適なシステム運用ルールを両社協力の元で策定してきました。今後は、トヨテックの個別業務要件に対応すべく追加開発を行い、経営管理システムとしてさらにバージョンアップしていきます。


株式会社トヨテックについて
トヨテックは、トヨタ自動車100%出資のトヨタアドミニスタ株式会社の子会社として、都内トヨタ直営販売店および車両物流会社のシステムソリューションを担当するシステムエンジニアリング・カンパニーです。
システムコンサルティングを行ない、現在では、物流・流通・金融など多彩な分野へ顧客を拡大。さらなる成長を目指し挑戦を続けています。
URL: リンク

エンプレックス株式会社について
エンプレックスは、ECサイト、Web、メール、コンタクトセンター、営業、受注後の原価管理などあらゆるチャネルにおいて企業とお客様との「関係」を最適化する統合型 CRMパッケージ「eMplex CRM」を提供しております。「eMplex CRM」シリーズには、マーケティング志向、国内CRM市場特性との親和性及びマニュアルレスに着目した開発コンセプト、段階的機能拡張への対応といった特長があります。
小規模サイトから大手企業まで、製造、旅行、アパレル、地方自治体、不動産、金融機関などあらゆる業界、またBtoB、BtoCの双方に対応する「eMplex CRM」シリーズは、350以上の導入実績があり、マーケティング戦略、具体的な数字としての結果につながるCRM活動に貢献しています。
URL:リンク
PBMテーマサイト:リンク

【 報道関係者からの問い合わせ先 】
エンプレックス株式会社
広報チーム:瀬川
info@emplex.co.jp
TEL:03-5568-7331 FAX:03-5568-7332

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事