logo

より高度なデバイスと高速接続によって、2014年までに業務用のモバイル接続は7億2200万

英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は出版レポート「ビジネス向けモバイル市場調査:市場概況、接続機器、2014年までの予測 - Future Mobile Enterprise: Forecasts, Markets & Devices 2009-2014」のプレスリリースにおいて、2014年までに世界中で7億2200万のビジネスモバイル接続が利用されるようになるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース抄訳】
無線ブロードバンドネットワークの有用性が拡大し、"スマート"な機能を搭載したデバイスが増加し、モバイル接続ソリューションが拡大したことで、"非有線接続"の企業の成長が促進するだろう、と英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポート「ビジネス向けモバイル市場調査:市場概況、接続機器、2014年までの予測 - Future Mobile Enterprise: Forecasts, Markets & Devices 2009-2014」は報告する。2014年には、ビジネスユースのモバイルデバイスの約80%が3.5/3.9Gネットワークで運用されているだろう。

また、世界中で7億2200万のビジネスモバイル接続が利用されているだろう。この調査レポートの予測期間中に、約60%の増加ということである。

ビジネス向けのデバイスの70%以上を占める、このような普及は、予測期間の後半に起こるだろう。企業は、ノートPCや新世代のネットブックによって、ますます内蔵やプラグインの無線モデム(いわゆるドングル)の利用を拡大し、外勤の社員の効率的な便宜を図るようになるだろう。

【調査レポート】
ビジネス向けモバイル市場調査:市場概況、接続機器、2014年までの予測
Future Mobile Enterprise
Forecasts, Markets & Devices 2009-2014
リンク

【ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)について】
リンク


※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。