logo

2009年末には約800機が機内ブロードバンドを提供し、世界の乗客収益は4900万ドル

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「機内ブロードバンド市場調査:市場概況、サービス、2013年までの予測 - Delayed Departure: Will In-Flight Broadband Take Off?」のプレスリリースにおいて、機内ブロードバンド市場は2012年まで毎年10億ドル以上成長するという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
機内でブロードバンドが利用できる飛行機の数は、2008年の25から2009年に800となるだろうと、米国調査会社インスタット社は報告する。そのため、ブロードバンドを利用する乗客からの収益は2009年に世界で4900万ドルとなるだろう。機内ブロードバンド市場は初期段階だが、2012年まで毎年10億ドル以上成長するだろう。

「機内ブロードバンド市場は徐々に拡大しており、搭載機の数はますます増えている。しかし、世界的な不況や従来型ではないIFEソリューションとの競争などの課題はある」とインスタット社のアナリストDaryl Schoolar氏は語る。

ライブの放送動画も、2009年に大きく成長するだろう。このサービスは、機内ブロードバンド以上に確立しており、利用収益は2009年にほぼ倍増し、2013年までは力強く成長するだろう。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 機内ブロードバンド機器収益は2009-2013年にほぼ倍増するだろう
■ 主要なメーカーは、Aircell、パナソニック、Row44
■ インスタット社は、2013年までの機内ブロードバンドの年間予測は2億以上で、短距離接続よりも長距離接続が支配的と見ている
■ 携帯デバイスからの接続は約1/3を占め、ノートPCが2/3と予測している

インスタット社の調査レポート「機内ブロードバンド市場調査:市場概況、サービス、2013年までの予測 - Delayed Departure: Will In-Flight Broadband Take Off?」は、次世代の機内エンターテインメント市場を調査している。機内ブロードバンドとDBSサービスの予測(採用数、機器収益、利用、利用収益を飛行距離別に)、機内IPTV導入と収益の予測、主要企業と顧客の詳細な比較(技術、ビジネスモデル、市場シェア)、ホットスポット市場との連動や地上波Wi-Fiサービスの戦略から機内市場が学ぶこと、などを記載している。

【調査レポート】
機内ブロードバンド市場調査:市場概況、サービス、2013年までの予測
Delayed Departure: Will In-Flight Broadband Take Off?
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。