logo

Richtek、SimucadのSmartSpice無制限ライセンスの採用で、設計生産性の向上を実現

Santa Clara, California and Hsinchu, Taiwan, May 28, 2009 - (JCN Newswire) - Simucad Design Automation (本社: 米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: Dr. アイヴァン・ぺシック、以下Simucad)は、台湾を拠点とするアナログ/ミックスド・シグナル向けデザイン・ハウスの大手であるRichtek Technology Corporation (TWSE : 6286、以下Richtek)がSmartSpice無制限ライセンスを採用したことを発表しました。

Santa Clara, California and Hsinchu, Taiwan, May 28, 2009 - (JCN Newswire) - Simucad Design Automation (本社: 米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: Dr. アイヴァン・ぺシック、以下Simucad)は、台湾を拠点とするアナログ/ミックスド・シグナル向けデザイン・ハウスの大手であるRichtek Technology Corporation (TWSE : 6286、以下Richtek)がSmartSpice無制限ライセンスを採用したことを発表しました。EDAソフトウェアのリーディング・サプライヤであるSimucadは、市場の強い要望に応えて、2007年以来ワールドワイド無制限ライセンスを提供しています。

多数の設計者を抱えるアナログICのデザイン・ハウスでは、デザイン・サイクルの重要な局面において回路シミュレータのライセンスが不足する事態に陥ることが多々あります。ワールドワイド無制限ライセンスは、このようなボトルネックを解消して、設計生産性を飛躍的に向上させます。

SmartSpice は非常に高度な性能と精度を誇るアナログ回路シミュレータで、複雑で高精度なアナログ回路の設計、アナログ/ミックスド・シグナル回路の設計、クリティカル・ネットの解析、およびセル・ライブラリのキャラクタライズを実行します。そして、一般的なアナログ・デザイン・フローおよびファウンドリ提供のデバイス・モデルと互換性を持ちます。

また、SmartSpiceと組み合わせて、コンパイル、またはインタープリターでVerilog-Aを使用することにより、回路設計者やモデル開発者は、使い易い、包括的な環境で、複雑なアナログ/ミックスド・シグナル回路およびモデルを設計、検証できます。

Richtek の技術開発部門長、KC Chang氏が次のように感想を述べています。「Simucadのワールドワイド無制限ライセンスを導入してから、Richtekの回路設計の生産性は向上しました。私たちは、非常に手ごろな価格で、高精度で高速なSmartSpiceシミュレータを無制限に活用できるようになったのです。」

「ワールドワイド無制限ライセンスを採用する企業が増えている中、Richtekでの採用は非常に嬉しく思います。このライセンスにより、Richtekが以前にまして有力な企業になることを確信しています」とSimucadの社長兼CEO、Dr.アイヴァン・ぺシックは述べています。

概要: Richtek Technology Corporation

Richtek Technology Corporationはパワー・マネージメントICの世界有数のデザイン・ハウスです。世界で最も競争力のあるパワー・マネージメントIC製品、最も包括的なソリューション、および高品質なサービスを提供することに主眼を置いています。1998年創立以来、Richtekは短期間でパワー・マネージメントICソリューションのリーディング・プロバイダになりました。これは、次世代の費用対効果に優れたパワー・マネージメントICを市場に供給するだけではなく、クライアントにカスタム仕様のデザイン・イン・サービスやサポートを提供したことで成し得ることができました。

概要: Simucad Design Automation

Simucad Design Automation ( リンク )は、アナログ/ミックスド・シグナル/RF集積回路の開発に使用されるシミュレーション・ツールおよびCADソフトウェアのリーディング・プロバイダです。Silvaco Internationalから2004年にスピンオフしたSimucadでは、回路シミュレーション、カスタムICレイアウト/検証、寄生素子抽出、デジタル・シミュレーション、およびIPキャラクタライゼーション分野の製品を提供しています。Simucadは、他社製設計プラットフォームとのインタフェースを備えた、PDKベースの包括的設計フローを提供しています。Silvacoの20年に渡る事業経験から受け継いだグローバルなプレゼンスを有するSimucadは、IPOへの準備を行っています。

概要: 株式会社シルバコ・ジャパン

株式会社シルバコ・ジャパン( リンク )は、Silvaco International (本社: 米国カリフォルニア州サンタクララ)の出資会社です。1989年に設立、1995年に日本法人として登記しました。シルバコ・ジャパンは、日本のTCAD およびEDAソフトウェア業界におけるリーディング・カンパニーを目指しています。TCAD製品はSilvaco Data Systems ( リンク )、EDA製品はSimucad Design Automation ( リンク )が開発しています(両社ともにSilvaco Internationalの出資会社、本社: 米国カリフォルニア州サンタクララ)。シルバコ・ジャパンは、さらなる飛躍を求め、技術サポート体制と営業の強化、研究開発環境の構築と拡充に全力をあげています。シルバコ・ジャパンは、横浜に本社を置き、2007年9月より京都オフィスを構えています。

お問合せ先:

社名: 株式会社シルバコ・ジャパン
住所: 〒244-0801 横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル4F
担当: マーケティング部 赤瀬川 (あかせがわ)
TEL: 045-820-3000
FAX: 045-820-3005
E-mail: press@silvaco.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。