logo

SLジャパン、WPF (Windows Presentation Foundation) のサポートを発表

SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET の最新版 3.2 で、最先端のサード・パーティ・グラフィックスをノンプログラミングで利用可能

株式会社 SL ジャパンは、WPF をサポートした SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET の最新版 3.2 を発表。最先端のサード・パーティ・グラフィックスを含め、ビジュアルな WPF オブジェクトをプログラミングしないで利用できるソリューションを提供できます。

リアルタイム・データのグラフィックな可視化と監視で業界をリード
する株式会社 SL ジャパン(所在地:東京都港区、代表取締役
社長:羽島良重、米国SL社の日本法人)は、SL-GMS Developer
& Custom Editor for .NET の最新リリース・バージョン 3.2 で、
WPF (Windows PresentationFoundation) をサポートしたことを、
本日発表しました。製造業やエネルギー分野におけるリアルタイム
な監視制御システムに特化したカスタム・エディタを SL-GMS で
提供しているソリューションは、最先端のサード・パーティ・グラ
フィックスを含め、ビジュアルな WPF オブジェクトへのドラッグ&
ドロップ・アクセスをプログラミングレスで提供できるようになります。
SL-GMS の Microsoft .NET 技術の組み込みによって高度な
可視化を提供しているソリューションは、エンドユーザ顧客の
生産性向上で貢献しています。

今回の SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET 最新版
では、SL-GMS を組み込んで再販(OEM)しているソリューション
が、最新のWPF コントロールを迅速に利用することを可能にし、
またサード・パーティによって提供されている3次元やビデオなど
の高度なコントロールも容易に取り込めます。ビジュアルなプレ
ゼンテーションが競争上優越となる環境においては、このように
最先端グラフィックスを即座にアクセスできることが重要です。

「SL-GMS を組み込んで再販(OEM)しているソリューションの
投資を急速に変化する環境技術から守るのが、SL-GMS 製品
の開発と提供における主要な目標の一つである」と、製品担当
副社長であるロドニー・モリソンは述べました。「新しい技術を
導入するにあたって、新製品を一から開発し直すことなく、既存
の製品ラインを素早くアップグレードして、すぐにエンドユーザ
顧客に対して新しい価値を提供することができる」と、加えました。

WPF は、アプリケーション構築において一貫性のあるプログラ
ミング・モデルを提供し、ユーザ・インタフェースとビジネス・
ロジックを明確に分離します。また WPF は、Windows プログラム
の可視化におけるコンテンツリッチなコントロール、デザインと
開発を可能にしています。そして、ユーザ・インタフェース、2次元
と3次元のドローイング、固定型または適応型ドキュメント、高度
なタイポグラフィ、ベクター・グラフィックス、ラスター・グラフィックス、
アニメーション、データ・バインディング、オーディオとビデオと
いった、数々のアプリケーション・サービスを統一することをその
目的としています。


■SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET 製品について
リンク

■SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について
リンク

1983 年以来、20 年以上にわたって、リアルタイム・データの監視
とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、
専門メーカーです。顧客企業は SL 社の技術を活用し、リアル
タイムなビジネス/オペレーションのアクティビティ監視(BAM)、
インフラストラクチャ/アプリケーション監視(APM)、プロセス制御
やネットワーク管理などの業界特有の監視・制御アプリケーション
を、エンドユーザに提供しています。製造業、エネルギー/公益、
金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における
世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、世界 92,000、
国内 8,200 以上がライセンスされています。株式会社 SL ジャパン
は、1998 年に設立されたSL社の日本法人です。

■■ お問い合わせ先

株式会社 SL ジャパン 広報担当 publicity@sl-j.co.jp
電話 03-3423-6051
〒107-0062 東京都港区南青山 3-1-30 エイベックス ビル3階

■記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標
 または登録商標です。

関連情報
http://www.sl-j.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事