logo

新型インフルエンザへの今後の対応について

 政府が新型インフルエンザ対策本部第4回会合を開催し、新たな「基本的対処方針」を策定したことを受け、箕面市では本日(22日午前11時半)危機管理対策本部を開催し、5月25日以降の対応について以下のとおり方針を決定しましたのでお知らせいたします。

1.保育所(民間認可保育所含む)、市立の幼稚園、小・中学校及び学童保育については、通常どおり開所・開園・開校することとします。なお、新型インフルエンザに感染した児童等がいる場合には、季節性インフルエンザなどと同様のルールに基づき、個別に学級閉鎖・学年閉鎖・休校措置を行います。

2.市立のデイサービス・デイケアなど高齢者通所介護施設、障害者通所施設などについては、通常どおり開設します。なお、インフルエンザ症状のある利用者に対しては、利用の自粛を要請します。

3.市立のスポーツ施設(小中学校の施設開放も含む)や図書館の集会室などについては、通常どおり開設します。ただし、利用者に対しては十分な予防策を要請します。

4.市主催の行事については、行事の性質・運営方法等を勘案し、中止・延期とするか、十分な予防策をとって開催するか、行事ごとに個別に判断します。(行事ごとに決定次第お知らせします。)
  なお、多くの市民が集まる団体等の主催行事については、主催者に対し、開催に当たっての注意点をお示しし、開催の是非や運営方法も含めた慎重な判断を要請します。

5.本市の業務については、マスク等の予防措置を徹底した上で、通常どおりとします。

*なお、厚生労働省及び大阪府からさらに異なる方針が示された場合は、改めて決定しお知らせします。
*個別の施設等に関する詳細な情報は、決定するごとに、市役所ホームページリンクや公共施設でのチラシ配布、利用者への個別案内等により、改めてお知らせいたします。

問い合わせ先
総務部市民安全政策課
TEL072-724-6750
FAX072-724-6376

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。