logo

カビラ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社東京オフィス移転のお知らせ

Tokyo, May 20, 2009 - (JCN Newswire) - 米国カビラ・テクノロジーズ・インク(Kabira Technologies, Inc.)の子会社であるカビラ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、このたびアーク森ビル(アークヒルズ)に移転したことをお知らせいたします。日本市場におけるカビラ製品の採用と販売の増加を受けて、新しいオフィスは従来より大幅に拡張されています。

Tokyo, May 20, 2009 - (JCN Newswire) - 米国カビラ・テクノロジーズ・インク(Kabira Technologies, Inc.)の子会社であるカビラ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、このたびアーク森ビル(アークヒルズ)に移転したことをお知らせいたします。日本市場におけるカビラ製品の採用と販売の増加を受けて、新しいオフィスは従来より大幅に拡張されています。

カビラの事業開発担当バイスプレジデントおよびカントリーマネージャであるクリス・クラボーは次のように述べています。「今回のオフィス移転により、カビラ (R)ジャパンは日本市場における当社製品への関心の高まりと採用の増加に対応できるスペースと柔軟性を確保しました。通信および金融サービスのいずれの市場においても、カビラのアプリケーションに対する関心とニーズがますます高まっていますが、オフィスの移転を機に、当社では事業規模の拡大に伴う注文の増加や、研修、サービスおよびサポート業務の増大に対応できる態勢が整いました。」

新オフィスの住所は以下のとおりです。

カビラ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社

郵便番号107-6012
東京都港区赤坂1丁目12番32号
アーク森ビル12階

電話番号: +81 (0)3-4360-9350

カビラ・テクノロジーズの詳細は、 www.kabira.com をご参照ください。

概要: Kabira Technologies Inc

カビラ・テクノロジーズ・インク(以下、カビラ)は、10年以上にわたり、信頼性の高い「究極のトランザクション処理」ソフトウェアを企業向けに提供しています。リアルタイムで常時接続のビジネス処理に対応できるカビラの製品は、カード決済処理、リアルタイムな通信サービスにおける課金処理やプロビジョニング処理などのミッションクリティカルな業務アプリケーションの分野で、最適なインフラ技術を提供します。カビラのソフトウェアは、他社製品に比べはるかに高い処理能力を、短期間かつ大幅に低コストで導入できることを特徴としています。カビラのソリューションは、現在までに40カ国、100社以上に採用され、VISA、AT&T、フランス・テレコム、バンク・オブ・アメリカ、アルカテルをはじめとする多くの企業のリアルタイムなビジネス処理を支えています。カビラは未公開企業です。

カビラ(R)およびカビラのロゴは、米国および他の国におけるカビラおよび関連会社の登録商標、登録サービスマーク、商標またはサービスマークです。いずれのマークも、カビラが書面で許可した場合を除き、カビラに帰属しない製品やサービスに関連して使用することはできません。また、お客様に混乱を招くおそれのある方法、あるいはカビラならびにそのライセンサー、子会社、関連会社の名誉または信用を傷つけるような方法で使用することもできません。他のすべての商標はそれぞれの所有者の財産です。

お問合せ先:

報道機関からのお問い合わせ先
Sharon Kawaguchi
650.931.3746
skawaguchi@kabira.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事