logo

Avocent社のLANDesk、2009年エンドポイント保護プラットフォーム・マジッククアドラントで、概念先行型に位置づけられる―評価基準は、ビジョンの完全さと実行能力

Salt Lake City, Utah, May 20, 2009 - (JCN Newswire) - IT運用管理で世界トップのAvocent Corporation (NASDAQ: AVCT)は、LANDesk部門が、ガートナーの2009年エンドポイント保護プラットフォーム・マジッククアドラント*・レポートで、概念先行型クアドラントに位置づけられたことを 本日発表しました。

Salt Lake City, Utah, May 20, 2009 - (JCN Newswire) - IT運用管理で世界トップのAvocent Corporation (NASDAQ: AVCT)は、LANDesk部門が、ガートナーの2009年エンドポイント保護プラットフォーム・マジッククアドラント*・レポートで、概念先行型クアドラントに位置づけられたことを 本日発表しました。

ガートナー社のエンドポイント保護マジッククアドラントは、企業の実施能力とビジョンの完全さについての評価に基づいたものです。ガートナー社は LANDesk Endpoint Security Managementソリューションを、レポートの中で評価しています。

「弊社は、概念先行型クアドラントに位置づけられたことを喜ばしく感じています。このことは、弊社がエンドポイント保護への階層型セキュリティー・アプローチに集中していることが評価されたと考えています。」と、幹部VPでLANDesk本部長のSteve Dalyは述べました。「弊社は、脆弱性識別・修正、AV、スパイウェア検知・除去、アプリケーション・ブロッキング、データ保護、ポート・ブロッキング、ホワイトリストおよびブラックリスト作成など多くの重要なエンドポイント保護技術を含む、重要なエンドポイント保護技術を統合することに注力してきました。LANDesk/Avocentは、インターネット接続さえあれば、どんな場所にあるどんなシステムのセキュリティーでも可能にすることで、市場のありかたを変え続けてきました。」

* ガートナーリサーチ「2008年エンドポイント保護プラットフォーム・マジッククアドラント」P. Firstbrook、A. Hallawell、J. Girard、N. MacDonald。2009年5月4日。

マジッククアドラントについて

このマジッククアドラントは、ガートナー社が2009年5月4日に著作権を取得したものであり、許可を得て再使用しています。マジッククアドラントは、特定の時期の市場の状況を図で表したものです。これは、ガートナーの定義した市場の基準に基づき、特定のベンダを評価したガートナーの分析を表しています。ガートナー社は、マジッククアドラント中のどのベンダまたは製品も支持しませんし、「リーダー」クアドラントにあるベンダのみを選択するよう技術ユーザーに助言してもいません。マジッククアドラントの意味はリサーチツールとしてのものだけであり、特定の行動をガイドする意図はありません。ガートナー社は明示または暗示されたいかなる保証の責任も負いません。

Avocent/LANDeskについて

Avocent社は、統合され集中化されたソフトウェアにより、運用コストを削減し、管理を簡素化し、年中無休24時間運用の重要なIT環境の可用性を高めるような、IT 運用管理ソリューションを提供しています。LANDeskは、ITチームがデスクトップ、サーバー、モバイル機器を自動化・簡素化するのに役立つ、コスト効率のよいシステム、セキュリティー、プロセス管理ソリューションを提供しています。長年にわたるパートナー関係と、世界各国の大手企業で成功裏に展開されているソリューションにより、LANDeskは、企業・団体がそのビジネス目的を達成するのを支援するため、迅速なイノベーションと価値回収期間を提供し続けています。より詳しい情報は www.landesk.com にあります。

将来の見通しの声明(Forward-Looking Statements)について

このプレスリリースには、1995年の米国私募証券訴訟改革法に定義された「将来の見込みに関する記述(forward-looking statement)」にあたる記述が含まれています。このような将来の見込みに関する記述は、実際の結果が記述された内容と著しく異なる原因となるようなリスクと不確実性に左右されます。そのリスクにはたとえば、経済全体の状況に関するリスクや、将来の製品需要・販売・費用に起因するリスクや、買収と買収後の統合に関するリスクや、製品設計施策および新製品・新の導入に関するリスクや、知的所有権の獲得と保護に関するリスクなどがあります。事業や財務の結果が大幅に異なる原因となるような、その他の要因については、2009年2月27日に米国証券取引委員会(SEC)にAvocent社が提出した年次報告書(書式10-K)に記述されています。他のリスクについても、適宜、SECに提出する報告書に詳述される場合があります。Avocent社は、この文書の日付以降の出来事や状況に基づいて将来の見込みに関する記述を更新し公開する一切の義務を負いません。

概要: Avocent社

Avocent社は、統合され集中化されたソフトウェアにより、運用コストを削減し、管理を簡素化し、年中無休24時間運用の重要なIT環境の可用性を高めるような、IT運用管理ソリューションを提供しています。より詳しい情報は www.avocent.com にあります。

お問合せ先:

プレスお問い合わせ先:

Arlena Jackson
Avocent
電話:256-261-6430
e-メール:Arlena.jackson@avocent.com

Gary Good
研修員向け広報
電話:(707) 837-1718
e-メール:Avo@trainercomm.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。