logo

店舗開発/売上予測のソリューション活用例を紹介しています!

ターゲットとなる商圏の人口や産業別の統計情報を背景に、商圏のポテンシャルを測定。そのエリアのポテンシャルに応じた店舗の出店計画を作成することができます。さらに、売上予測機能を活用することで、すでに出店した店舗の評価を行い、オペレーションの改善につなげる例もあります。
コンビニエンスストアやファミリーレストランなどはもちろん、小売店、銀行のATM、自動販売機の設置場所などさまざまニーズに的確な「結果」をもたらします。


ソリューション活用例
M社は郊外地区を中心にチェーン展開中のスーパーマーケットです。販路拡大の為、月1店舗のペースを目標に新規出店を目指しています。マーケティング部の出店担当者の悩みは、毎月送られてくる100を遙かに超える候補物件情報の中から、本当に出店に適した物件を選び出すのに、多くの時間と費用がかかることです。GISを活用することで、より効率的に候補物件のフィルタリングができないかと考えています。


詳しくはこちら
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。