logo

ウィルコム公式サイトおよびイー・モバイル向けゲームサイト 「Living Games」にて 戦略とパズルのハイブリッドシミュレーションゲーム 『回収屋ロレンツォ』を5月20日より配信開始

株式会社ワーカービー(東京都千代田区、代表取締役:加藤祐司)は、ウィルコム公式サイトおよびイー・モバイル向けゲームサイト「Living Games」(リビングゲームズ)にて、2009年5月20日より『回収屋ロレンツォ』の配信を開始しました。

HeroCraft社によるオリジナル版は欧州圏で非常に高い評価を受けています。今回の日本配信にあたってワーカービーは、サウンドとグラフィックの両面に大幅な改良を加え、よりスマートで洗練されたゲームに仕上げました。

【概要と主な特長】
■回収屋ロレンツォの概要
今日も罪無き市民から回収依頼が舞い込んでくる。慎重に、そして時に大胆に、「4人の仲間」と「様々な道具」を駆使し、的確かつ綿密な回収作戦を組み立てよう。さあ、やつらからお宝を奪い返せ!

■主な特長
このゲームではプレイヤーは義賊団のリーダーとなります。仲間たちと協力して、悪徳商人やマフィア、反社会的な企業に奪われた盗品の数々を持ち主に返すことが目的です。

回収には制限時間があります。時間を超過すれば悪人たちの恐ろしい用心棒が殺到するでしょう。そうなる前に速やかに回収を完了させて逃走してください。その際には警報機を解除するなど繊細な作業のほかに思い切ってダイナマイトを使用する必要なども出てきます。

仲間たちの行動をリアルタイムに操作することは出来ません。あらかじめ綿密に回収計画を立てておく必要があります。仲間たちはプレイヤーの立てた計画を忠実に実行します。

困っている人たちの依頼を達成し続ければあなたの評判はうなぎのぼり。逆に期待を裏切り続ければ所詮はコソ泥と陰口をたたかれることに……。あなたは真の回収屋になれるでしょうか。

(c) HeroCraft
(c) Worker Bee Inc.

■海外市場での実績
・イギリスの携帯ゲームサイト「Pocket Gamer」にてSilver Awardを受賞
・欧州のゲームレビューサイト「Smartphone Games」にて
ユーザー評価 91/100 を獲得(2008年12月末現在)

■主な仕様
○対応機種
WX330K、WX340K、BAUM
H11T

○料金
315円(税込)/ダウンロード
※別途データ通信料がかかります。

○アクセス方法
ウィルコム公式サイト > ゲーム・アプリ > Living Games
EMnetサービス > ゲーム > Living Games

※「EMnet」の名称はイー・モバイル株式会社の商標または商標登録です。
※その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワーカービー 担当:加藤
Tel/Fax: 03-3237-0233 e-mail: info@livinggames.jp
〒102-0074 東京都千代田区九段南 4-6-10 近清堂ビル 5F
リンク
――――――――――――――――――

このプレスリリースの付帯情報

回収屋ロレンツォ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■「Living Games」および「WORLDゲーム城」概要
リンク(PC, ケータイ共通)
NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、EMOBILEの国内各キャリア向けにサービスを行なっております。
国内に限らず海外で大ヒットを記録し高評価を得ているゲーム、もしくはゲーム性の高いコンテンツを収集し、当社のノウハウを加え、日本で配信しています。また、高品質なFlashコンテンツを無料で提供するLiving FLASHでは、配信中のアプリをモチーフとしたものや、サッカー関連やシーズン毎の待受FLASH等、充実した内容となっています。

■株式会社ワーカービー概要 リンク
株式会社ワーカービーは、モバイル端末の開発を行っていたチームが中心となり、2003年11月に設立しました。ゲームなどのコンテンツ開発にとどまらず、海外コンテンツの国内配信移植および配信サポート、また楽天証券様の「iSPEED」、カラージップ様の「ColorCode Reader」といったビジネス向け携帯アプリの開発を積極的に展開しています。

■HeroCraft社概要  リンク
HeroCraft 社はモバイルゲームの開発・配信を行う、ロシアのリーディングカンパニーです。モバイル市場が急成長しているロシア、ウクライナをはじめ、欧米、アジア市 場においても地位をもつモバイルゲーム・ディベロッパー、パブリッシャーです。HeroCraft社は最先端のテクノロジーを駆使し、モバイルゲーム市場 におけるニーズを満たすべく成長を続けています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。