logo

商用ハイブリッド車

米国の調査会社NextGenリサーチの市場調査レポートが2月に刊行されました。

ガス排出基準は一層厳しくなり、原油価格が高騰するなか、消費者向けの自動車市場でハイブリッド技術への関心が高まり、現在は商用ハイブリッド車の初期市場にも注目が集まっている。米国の調査会社NextGenリサーチの調査レポート「商用ハイブリッド車」は、小型トラック、トラック、バスを含む商用ハイブリッド車の現況と今後について考察している。この調査レポートで述べているように、市場は非場に小規模で、2008年に製造された商用ハイブリッド車は9000台である。それらの殆どが、会社の保有車両用に購入されている。米国のニューヨーク州都市交通局(Metropolitan Transit Authority)等の先進的な団体は、標準的なディーゼル車の寿命が近いため、ハイブリッド仕様のバスを自社の車両に取り入れている。その他の企業は、これらの投資収益率(ROI)が明確になれば、導入をすすめるようになるだろう。

◆調査レポート
商用ハイブリッド車:中型と大型ハイブリットトラックとバスの世界市場分析
リンク

◆米国NextGenリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。