logo

次世代の送金可能なキオスク

米国の調査会社nextgenリサーチの市場調査レポートが1月に刊行されました。

30年以上前の初めての試験的設置以後、空港、小売店、州立公園、銀行や他の多くの場所にキオスクが置かれた。それは電子情報を扱うブースから、複数の言語で高度な様々な双方向性サービスを提供するまでに発展した。当然のことながら、ATMの多様性は、金融サービス分野のセルフサービス技術のお陰である。今後5年間以上、封筒なしで現金を受け取る次世代ATMと小切手の預金に、市場は促進される。
米国の調査会社nextgenリサーチの調査レポート「次世代の送金可能なキオスク: 銀行、アカウント、封筒は不要」は、送金可能なキオスク市場の促進要因と阻害要因を考察し、市場の規則やビジネス上の課題、送金可能なキオスクのトップメーカーと最新鋭のメーカー、導入企業の戦略を査定している。

◆調査レポート
次世代の送金可能なキオスク: 銀行、アカウント、封筒は不要
リンク

◆米国nextgenリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事