logo

3D印刷

米国の調査会社nextgenリサーチの市場調査レポートが4月に刊行されました。

「3D印刷」とは、印刷物で複数の写真を重ねて立体的な絵を浮かび上がらせ、3次元のオブジェクトを表現する印刷方法を指す。この技術は、視覚的効果を狙ってひとつのオブジェクトを作成したり、あるコンポーネントが別のコンポーネントと合うか見たり、短期間で商品を製造するために利用される。
世界的な不景気によって市場は依然回復していないため、米国の調査会社nextgenリサーチは、3D印刷業界の収益は近々減少して、成長軌道に戻るのは2011年になると予測している。2013年、3D印刷のシステム、サービス、消耗品の世界市場規模は7億8260万ドルに達するだろう。
◆調査レポート
3D印刷:光造形法、熱溶解積層法、粉末焼結積層造形法、インクジェット技術によるラピッドプロトタイピングと個体撮像
リンク

◆米国nextgenリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事