logo

スマートグリッドアプリケーション

米国の調査会社nextgenリサーチの市場調査レポートが4月に刊行されました。

北米の電力ネットワークは時代遅れになっている。ほとんどの電力伝送と供給インフラは50年以上前のもので、現在の負荷を処理したり、システムオペレータに多くの情報を伝えたりするために設計されてはいない。現在の消費者や企業の電力品質の需要に対応するため、電力会社はグリッドを取りかえるかアップグレードする必要がある。
米国の調査会社nextgenリサーチの調査レポート「スマートグリッドアプリケーション」によれば、2008年、世界の電力会社と政府は電力グリッドのアップグレードと強化と向上のために120億ドル以上を費やした。この額は2014年までに330億ドル以上になると予測している。

◆調査レポート
スマートグリッドアプリケーション:需要対応、分散型発電、電力ネットワークの機能、効率、信頼性を高めるスマートメータ リンク

◆米国nextgenリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。