logo

『サイボウズ調査結果発表  不況対策として情報系システム投資に期待高まる 中堅企業140社における「不況期のIT投資」調査レポートを公開』

サイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長:青野
慶久 (戸籍名:西端 慶久) 以下サイボウズ) が発行している情報
誌「グループウェアPRESS」の読者を対象に行った「不況期におけ
る IT投資状況と情報系システムの活用状況について」のアンケー
ト結果を本日2009年5月13日(水)より公開いたします。

一般的には、不況期における企業のシステム投資は、定量的な効果
が出やすい基幹系システムが重視されます。しかし本調査の結果、
昨今の不況対策に有効なシステム投資の対象として、情報系システ
ムが半数以上を占める結果(グラフ1)となりました。これにより
、不況期における情報系システムの重要性が高いことがわかりまし
た。
グラフ1:現不況期に有効と考えるシステム投資対象
リンク

さらに情報系システムに期待する効果として、75%の企業が「情報
共有による社員の生産性向上」を挙げています(グラフ2)。ここ
から、不況期の企業業績を左右する生産性の向上を実現する手段と
して、情報系システムが有効であると考えられていることが伺えま
す。
グラフ2:情報系システムに求める効果
リンク

当社では、今回の調査結果を受け、不況期にも手軽に実行可能で効
果の高い業務改善を実現するソフトウェアを提供できるよう、尽力
してまいります。

なお、本リリース掲載データ及びより詳細な調査分析を含む、「不
況期における IT投資状況と情報系システムの活用状況について」
のレポートをお申し込みいただいた方全員に無料で提供いたしま
す。

レポートのお申し込みはこちら 
リンク
※お申し込みいただいた方にはもれなく「グループウェアPRESS」
も送付いたします。

------------------------------------------------------------
■マスコミ各社様からのお問い合わせ先
□サイボウズ株式会社 社長室 広報:村松 
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階  
TEL: 03-6316-1160 / FAX: 03-5805-9036
MAIL: pr@cybozu.co.jp
------------------------------------------------------------
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標また
は商標です。


参考資料
■今回の調査について
昨年末のサブプライム・ローン問題に端を発する、米国発の金融
危機が全世界へ波及・深刻化する中、日ごろの商談現場や「グル
ープウェアPRESS」の読者の方から、『急激に変化する情勢に対
しての他社の動向が気になる』という声を多くいただくようにな
り、今回の調査を実施する運びとなりました。

■グループウェアPRESSとは
グループウェアの効率的な運用を支援するために、 2008年 6月
 に創刊した技術情報を中心とした構成の冊子です。従業員数500
人~3,000 人規模の企業、約5,000 社の情報共有の仕組み構築に
奮闘されている情報システム部の方に、約 1ヶ月に 1度送付して
おります。

■調査概要
本調査は、 2008年 12月末に「グループウェアPRESS」と共にア
ンケートを同封し郵送し、2009 年 2 月 13 日までにFAX で回答
を受け付けました(有効回答数: 140 件)。

■サイボウズ株式会社 (URL:リンク
サイボウズは 1997年に設立され、主にグループウェアの開発・
販売を行っているソフトウェア会社です。現在、2万 8千社を超
える企業様 (ユーザー数 280万人以上) に導入いただいており、
グループウェア市場では、国内トップのシェア (注1) を占めて
います。
注1) ノークリサーチ社「2008年版 中堅・中小企業のITアプリケー
ション利用実態と評価レポート」を参照。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。