logo

ホームネットワーキングとデジタルホームネットワーク市場分析

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが3月に刊行されました。

過去数年で、コアホームネットワークが成熟し、ホームネットワーキングハードウェア市場は変化した。この成熟や一部でのコモディティ化によって、ベンダは、今後新たな製品の発展と市場を牽引するセグメントを模索している。このような要望から、ネットワーキングの顧客基盤の増加と、新規/既存機能の実現のために、エンターテインメントネットワークが登場した。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「ホームネットワーキングとデジタルホームネットワーク市場分析」は、家庭向けルータ、ゲートウェイ、ブリッジ等のコアホームネットワーキング機器市場の潜在性を査定している。またエンターテインメントネットワークの予測を行い、ネットワーキングと多数の家電やサービスプロバイダプラットフォームが統合する可能性を探っている。同軸ケーブルと電力線でデータとビデオコンテンツの配信を実現するネットワーキング技術についても論考している。

◆調査レポート
ホームネットワーキングとデジタルホームネットワーク市場分析:家庭向けルータ、レジデンシャルゲートウェイ、ブリッジ、アダプタ、メディアネットワーキング市場予測
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事