logo

SL ジャパン、ソフトウェア開発環境展で、CEP(複合イベント処理)エンジンの BAM ダッシュボードとして「Enterprise RTView」を出展: 日立製作所ブースでは、Cosminexus ストリームデータ処理基盤製品と SL 社の Enterprise RTView との接続を実演

本日より東京ビッグサイトで開催される第18回ソフトウェア開発環境展「SODEC」にて

株式会社 SL ジャパンは、本日より東京ビッグサイトで開催される第18回ソフトウェア開発環境展「SODEC」において、CEP(複合イベント処理エンジンの BAM(ビジネス・アクティビティ監視)ダッシュボード・ツールとして、米国 SL 社製の Enterprise RTView を出展いたします。また、株式会社日立製作所(以下、日立)のブースでは、国産の CEP エンジンとして注目が高まっている日立の SOA プラットフォーム Cosminexus(コズミネクサス)の「ストリームデータ処理基盤」製品に Enterprise RTView が接続されて、実演されます。

■2009 年 5 月 13 日 
■第18回ソフトウェア開発環境展「SODEC」 @東京ビッグサイト発

リアルタイムな監視、分析、可視化ソフトウェアの提供でリードする
株式会社 SL ジャパン(米国本社: SL Corporation,SL ジャパン
所在地: 東京都港区、代表取締役社長 羽島良重)は、本日より
東京ビッグサイトで開催される第18回ソフトウェア開発環境展
「SODEC」において、CEP(複合イベント処理)エンジンの BAM
(ビジネス・アクティビティ監視)ダッシュボード・ツールとして、米国 SL
社製の Enterprise RTView を出展いたします。また、株式会社日立
製作所(以下、日立)のブースでは、国産の CEP エンジンとして
注目が高まっている日立の SOA プラットフォーム Cosminexus
(コズミネクサス)の「ストリームデータ処理基盤」製品に Enterprise
RTView が接続されて、実演されます。

米国におけるホットなソフトウェア市場として注目されてきた複合
イベント処理(CEP)分野の製品が日本国内にも市場投入され始め、
国産としては昨年日立からいち早くリリースされています。同社の
Cosminexus ストリームデータ処理基盤では、インメモリ処理技術が
実現する大量データの高速処理で、金融・製造/流通・交通などの
ビジネスの現場で生じるさまざまな実世界情報をリアルタイムに収集、
解析。現場の状態や問題点をすぐに把握でき、迅速な意思決定が
可能になります。

CEP エンジンは、絶間なく生成されるデータをイベント・ストリーム
として監視し、パターンやトレンドなどの設定ルールに応じてリアル
タイムにメモリ上で分析して、アラート発生などのアクションを自動的
に起動。ビジネスならびにオペレーションにおける機会と脅威の
リアルタイムな検知を支援するものです。時々刻々と発生する大量
のストリーム・データを随時メモリ上で高速に処理していく CEP
エンジンとダイレクトに接続し、リアルタイムにダッシュボード画面に
データを集約・表示できる SL 社の高速な Enterprise RTView は、
複合イベント処理(CEP)におけるベスト・マッチなフロントエンドとして
リードしてきました。Aleri, Coral8, Progress Apama, StreamBase,
TIBCO BusinessEvents などの主要 CEP ミドルウェア製品で活用
されており、この分野における可視化技術のリーダーとして実績を
誇っています。

Enterprise RTView では、コンテンツリッチでシンクライアントな
カスタム・ダッシュボード画面と、アラートやデータの集約・分析・
履歴などの仕組みを、ポイント&クリックのビルダーでプログラミング
することなくカスタム構成。XML, JMS, JMX, WMI, SQL, OLAP,
カスタム・データソースなど、さまざまなデータソースにメニュー選択
だけで接続してプレビューできます。そして運用時に、コンパクトな
Javaアプレット、ポートレット、Web 2.0 シンクライアント(AJAX, Flex)、
またはJavaアプリケーションを、透過的に選択できます。

■■ SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について: www.sl-j.co.jp

SL Corporation は、25 年を経て、リアルタイムな監視、分析、可視化
ソリューションの提供で、最も専門的で機敏な対応力を確立するに
至っています。SL 社の旗艦製品である Enterprise RTView は、
ビジネス・アクティビティ監視(BAM)、ビジネス・サービス管理(BSM)、
アプリケーション性能管理(APM)、インフラ監視に至る、広範な企業
可視化で活用されています。さらに Enterprise RTView は、イベント
駆動型 SOA 市場における、Progress Apama などの複合イベント
処理(CEP)エンジン、TIBCO などのメッセージング・ミドルウェア、
Oracle Coherence データ・グリッド、金融サービスやプロセス製造業
などのバーチカルなカスタム・ソリューションの可視化で使用されて
いるデファクト・スタンダードです。SL 社の可視化ソリューション技術
と専門性、コミットメントと顧客実績、パートナー重視のビジネス・
カルチャーが、世界の業界でリードする何千にもおよぶ最もクリティ
カルなアプリケーションとビジネスの支援で SL 社が選択されてきた
理由で、世界 92,000 ライセンス、国内 8,200 ライセンス以上の出荷
実績を誇っています。株式会社 SL ジャパンは 1998 年に設立された、
SL 社の日本法人です。

■■ Enterprise RTView 製品について

コンテンツリッチでシンクライアントなカスタム・ダッシュボード画面と、
アラートやデータの集約・解析・履歴などの仕組みを、ポイント&
クリックのビルダーでプログラミングすることなくカスタム構成。XML,
JMS, JMX, WMI, SNMP, RRD, SQL (JDBC/ODBC), OLAP, カスタム・
データソースなど、さまざまなデータソースにメニュー選択だけで
接続してプレビューできます。そして運用時に、コンパクトな Java
アプレット、ポートレット、Web 2.0 シンクライアント(AJAX, Flex)、
または Java アプリケーションを、透過的に選択できます。また、
データの集約と解析はインメモリで高速に実行し、リアルタイムな
データを視覚的かつ柔軟にスライス&ダイスすることができ、
レポートは PDF, Excel, または HTML 形式で生成して配信できます。

■■ お問い合わせ先

株式会社 SL ジャパン 広報担当 publicity@sl-j.co.jp
電話 03-3423-6051
〒107-0062 東京都港区南青山 3-1-30 エイベックス ビル3階

■記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標
 または登録商標です。

関連情報
http://www.sl-j.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事