logo

ZigBee/802.15.4用パケットアナライザ 「SK Sniffer」を発売

スカイリー・ネットワークスとの技術提携製品の第一弾

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、ジョー・ダンズモア代表取締役)は、次世代無線ネットワーク製品の開発・販売企業である株式会社スカイリー・ネットワークス(本社・港区、梅田英和代表取締役)と共同で、ZigBee/802.15.4用パケットアナライザ「SK Sniffer」を5月11日から販売します。

本製品は、両社の技術提携による製品化の第一弾に当たるもので、スカイリー・ネットワークスのZigBee/802.15.4用パケットアナライザを、ZigBee PRO機能セットに準拠した当社製品へバンドルしたものです。


低消費電力、低コスト、メッシュ(網状)型ネットワークが構成可能、といったメリットから、極めて実用的な無線規格として産業界からの関心を集めるZigBeeですが、日本では実用化が遅れており、両社はこのほど、市場の立ち上げを目指した技術提携を行っています。


そのパートナシップの第一弾として出荷するZigBee/802.15.4用パケットアナライザ「SK Sniffer」は、ZigBee PRO機能セットに準拠した当社のXBeeおよびXBee-PRO ZBモジュール、それを搭載したシステム製品に対応するものです。本製品は、不明だった接続不具合の場所、通信が不安定な理由、データ送出の確認、複数デバイスによる送受信のトラフィック総量、同周波数PANの存在の有無といった、開発現場で「知りたい、確認したい」というニーズの大きかった問題をサポート・支援する画期的なツールです。これにより、エンジニアの開発・評価期間を短縮し、開発効率の向上により製品の市場投入までのスピードを速めることが可能となります。


「SK Sniffer」の主な特徴は次のとおりです。
1)MAC、NWK、APS層を解析表示
2)AESセキュリティフレームに対応
3)ログの保存と読み込みが可能
4)トラフィックを可視化するビジュアライザを装備
5)1マイクロ秒の分解能を持ったタイムスタンプ


●SK Snifferキット:専用キャプチャデバイス付属、USBライセンスキー
●対応製品:ディジ インターナショナル製のZigBeeモジュールおよびモジュール搭載製品(ZigBee PRO 準拠)
●動作環境:MS Windows XP/Windows 2000(日本語/英語)、USBポート付


「SK Sniffer」の価格は98,000円(税別)で、2台目からは78,400円(税別)。販売は、当社の販売代理店経由で行い、2010年までに1,000セットの販売を見込んでいます。両社は、今回の製品投入にとどまらず、ZigBeeおよびメッシュネットワーク技術の日本における認知を促進するさまざまな活動を今後も共同で展開していく計画です。今年5月28日に当社が開催するセミナー「Digi Wireless M2M Forum 2009」でも、スカイリー・ネットワークスが参加・協力し、ワイヤレスPANのプロトコルやZigBeeトラブルシューティングなどを解説する予定です。


■スカイリー・ネットワークスの概要
社名 :株式会社スカイリー・ネットワークス
所在地 : 東京都港区芝公園3-6-22 JCビル3階
TEL 03-5425-2494  FAX 03-5425-2495
代表者 : 梅田 英和(代表取締役CEO/CA)
設立 : 2001年7月
資本金 : 6,395万2,500円 (2005年7月現在)
URL : リンク


■ディジ インターナショナルの概要
社名 : ディジ インターナショナル株式会社
所在地 : 東京都渋谷区桜丘町22-14 NESビルS棟8F
TEL 03-5428-0261  FAX 03-5428-0262
代表者 : ジョー・ダンズモア(代表取締役 兼 米国Digi International 社CEO)
設立 : 2001年3月1日
資本金 : 1,000万円
URL : リンク

このプレスリリースの付帯情報

SK Sniffer

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。