logo

Simucad、Jazz Semiconductorと共同で高性能特定用途向けプロセス・デザイン・キットをリリース―航空宇宙/防衛および高性能アナログ・アプリケーション向けに新規提供

Santa Clara and Newport Beach, California, May 11, 2009 - (JCN Newswire) - アナログ/ミックスド・シグナル/RF向けEDAツールのリーディング・プロバイダであるSimucad Design Automation とAIMS ファウンドリ・ソリューションのトップ企業であるJazz Semiconductor, Inc. は、本日、航空宇宙、防衛、高性能アナログなどの特定用途向けJazz 0.25umテクノロジ向けプロセス・デザイン・キット(PDK)をリリースしたことを発表しました。

Santa Clara and Newport Beach, California, May 11, 2009 - (JCN Newswire) - アナログ/ミックスド・シグナル/RF向けEDAツールのリーディング・プロバイダであるSimucad Design Automation (本社: 米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: Dr. アイヴァン・ぺシック、以下Simucad)とAIMS (Analog-Intensive Mixed-Signal)ファウンドリ・ソリューションのトップ企業であるJazz Semiconductor, Inc. (本社: 米国カリフォルニア州ニューポートビーチ、Towerグループ傘下、NASDAQ: TSEM、TASE: TSEM、以下Jazz)は、本日、航空宇宙、防衛、高性能アナログなどの特定用途向けJazz 0.25umテクノロジ向けプロセス・デザイン・キット(PDK)をリリースしたことを発表しました。今回のPDKは、Jazz 0.18um RF CMOSおよびSiGe BICMOS向けSimucad PDKを拡充したものです。これらのPDKは共に、顧客に低価格で高品質なデザイン環境を提供し、特に少量生産の特定用途向け市場で高い収益率(ROI) を可能とします。

Jazz のDr. Marco Racanelli (RF and High Performance Analog Business Group、Senior VP and General Manager)は、次のように述べています。「Simucadとの協力により、開発スピードの競争力を維持しながら弊社のシリコン精度のモデルを活用した、顧客に最適なEDAツールを提供できることを大変うれしく思っています。そして、今回の0.25umテクノロジ向けSimucad PDKは、航空宇宙、防衛、高性能アナログ市場に強い興味を持つ顧客の要望に直接応える開発でした。この市場を引き続き我々の特定用途向けファウンドリ事業のターゲットとしていきます。」

Simucadは、この他に、次の7つのJazzプロセス・テクノロジをサポートしています。
CA18HA、CA18HR、CA18HD、SBC18HA、SBC18HX、SBC35QTA、SBC35QTS (0.18um~0.5um)

Simucad のCEOであるDr. アイヴァン・ぺシックは、次のように述べています。「Jazzとの関係を今後も継続して強化し、我々の共通の顧客に貢献していきます。弊社の完全に統合した低価格のICデザイン・ソフトウェアとJazz PDKにより、アナログ/ミックスド・シグナルおよびRFデザインの顧客は、高品質ICのテープアウトに必要なすべての技術が揃うことになります。」

品質の追求
e- Bizポータルにて保証されたデータを提供するため、Simucad技術者はJazzの技術者と緊密に作業を行い、PDK QA環境に一連の品質保証手順を実施しました。SimucadのGovernment Business ManagerであるMark Maurerは、次のように述べています。「商用、航空宇宙、軍事市場の我々の共通の顧客は、設計を一度で成功させる高品質なPDKを望んでいます。」

概要: Tower Semiconductor, Ltd.およびJazz Semiconductor, Inc.
Tower Semiconductor Ltd. (NASDAQ: TSEM、TASE: TSEM、以下Tower)は、独立系特定用途向けウェハ・ファウンドリで、Towerの100%出資子会社である米国Jazz Semiconductor, Inc.(以下Jazz)は、AIMS (Analog-Intensive Mixed-Signal)ファウンドリ・ソリューションのトップ企業です。TowerとJazzは、1.0~0.13umテクノロジの集積回路を製造し、技術サービスとデザイン・サポートを提供しています。デジタルCMOSプロセス・テクノロジの他に、Towerは、先進のミックスド・シグナルとRF CMOS、パワーマネージメント、CMOSイメージ・センサー、不揮発性メモリ・テクノロジ、フラッシュMTP/OTPソリューションを提供しています。 JazzのAIMSテクノロジの包括的なプロセス・ポートフォリオには、RFCMOS、アナログCMOS、シリコンとSiGe BiCMOS、SiGe C-BiCMOS、パワーCMOS、および高電圧CMOSが含まれます。最高のカスタマ・サービスを提供するため、Towerはイスラエルに2つの製造施設を持ち、Jazzは米国にファブ施設、中国にASMCおよびHHNECと提携して製造施設を構えています。詳細については、 www.towersemi.com および www.jazzsemi.com をご覧ください。

概要: Simucad Design Automation
Simucad Design Automation ( リンク )は、アナログ/ミックスド・シグナル/RF集積回路の開発に使用されるシミュレーション・ツールおよびCADソフトウェアのリーディング・プロバイダです。Silvaco Internationalから2004年にスピンオフしたSimucadでは、回路シミュレーション、カスタムICレイアウト/検証、寄生素子抽出、デジタル・シミュレーション、およびIPキャラクタライゼーション分野の製品を提供しています。Simucadは、他社製設計プラットフォームとのインタフェースを備えた、PDKベースの包括的設計フローを提供しています。Silvacoの20年に渡る事業経験から受け継いだグローバルなプレゼンスを有するSimucadは、IPOへの準備を行っています。

概要: 株式会社シルバコ・ジャパン

株式会社シルバコ・ジャパン( リンク )は、Silvaco International (本社: 米国カリフォルニア州サンタクララ)の出資会社です。1989年に設立、1995年に日本法人として登記しました。シルバコ・ジャパンは、日本のTCAD およびEDAソフトウェア業界におけるリーディング・カンパニーを目指しています。TCAD製品はSilvaco Data Systems ( リンク )、EDA製品はSimucad Design Automation ( リンク )が開発しています(両社ともにSilvaco Internationalの出資会社、本社: 米国カリフォルニア州サンタクララ)。シルバコ・ジャパンは、さらなる飛躍を求め、技術サポート体制と営業の強化、研究開発環境の構築と拡充に全力をあげています。シルバコ・ジャパンは、横浜に本社を置き、2007年9月より京都オフィスを構えています。

お問合せ先:

社名: 株式会社シルバコ・ジャパン
住所: 〒244-0801 横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル4F
担当: マーケティング部 赤瀬川 (あかせがわ)
TEL: 045-820-3000
FAX: 045-820-3005
E-mail: press@silvaco.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。