logo

最大120 万人を対象に、若年層の超短期的な流行から、短中期のブームやトレンドまで調査分析可能なモバイルリサーチサービスを共同展開

~リサーチを連動させたプロモーションや離脱分析にも対応~

携帯電話向けの広告メディア事業やオンラインゲーム事業を手がける株式会社more communication(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:天本弘毅、URL:http://www.more-com.co.jp/、以下、more-com)と、新規事業立ち上げ(ビジネスモデルデザイン)を専門とする実行支援型コンサルティングファーム、プライマル株式会社(本社:東京都港区 代表者:森上 隆史 URL:http://www.primal-biz.co.jp/、以下、プライマル)は、4 月27 日(月)より、企業のマーケティング活動などに役立つ調査が可能なモバイルリサーチサービス「モバリサーチ(http://mbres.jp)」の受付を開始いたしました。

携帯電話向けの広告メディア事業やオンラインゲーム事業を手がける株式会社more communication(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:天本弘毅、URL:リンク、以下、more-com)と、新規事業立ち上げ(ビジネスモデルデザイン)を専門とする実行支援型コンサルティングファーム、プライマル株式会社(本社:東京都港区 代表者:森上 隆史 URL:リンク、以下、プライマル)は、4 月27 日(月)より、企業のマーケティング活動などに役立つ調査が可能なモバイルリサーチサービス「モバリサーチ(リンク)」の受付を開始いたしました。

more-com は、無料で遊べるモバイルRPG 全9 サイトを運営しており、総会員数は120 万人を超えます。この120 万人の中から、リサーチ対象のモニターを抽出します。調査の企画・設計を両社で行い、モニターへの調査をmore-com が行い、アンケート画面設計・制作、調査結果の分析およびレポーティングをプライマルが行います。調査対象は100 人から業界最大クラスの120 万人まで対応可能です。

≪ 「モバリサーチ」特徴 ≫
---------------------------------------------------------------
■最大120 万人を対象に調査が可能 ~若年層を中心とした、モニターの”今”の心理を戦略的に調査・分析~
---------------------------------------------------------------
本サービスでは、若年層(高校生・大学生)を中心とした、業界最大級のモニターにリサーチできます。また、プライマルのこれまでの大手事業会社への戦略コンサルティングノウハウを活用し、戦略立案にそのまま活かせる設問設計/分析/レポーティングすることができます。特に、現在、捉えることが困難であると言われている若年層の1~3 ヶ月間の超短期的な流行である「ファッド」、3 ヶ月から1 年間の流行である「ブーム」、1 年~数年間盛り上がる「トレンド」などをリサーチし、分析/レポーティングにも対応できます。

---------------------------------------------------------------
■リサーチ連動型プロモーション ~アテンション獲得できたモニターに限定したモバイルリサーチ~
---------------------------------------------------------------
モバイルサイトに掲載された純広告(バナーやテキスト)などによる告知を行い、サイト上で理解を深め、アンケート調査を行います。その後、関心高いモニターを中心に調査実施企業のサイトに誘導する流れを簡単に実現できます。消費行動の注意(Attention)を広告で、興味(Interest)をアンケート調査で喚起するため、より深い商品理解をえて販売促進や利用促進へ繋ぐことができ、さらに離脱するユーザーの分析にも対応できます。


今後は、携帯電話のGPS 機能を利用したリサーチや、サイコグラフィックや行動履歴なども踏まえたモバイルリサーチにも取り組む予定です。
(※)サイコグラフィックとは、心理学的属性。ライフスタイル、好み、価値観、 信念(宗教)、購買意向・動機など。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。