logo

アジア向けEC事業者を支援するコンソーシアム「E Commerce for Asia Alliance」(略称:ECAA)発足

~アジア向けECの各プロセスに対応できる幅広いパートナーとの協業を実現~
 日本最大級のドロップシッピングサービスを展開する株式会社もしも(本社:東京都渋谷区 代表取締役:実藤裕史 リンク 以下「もしも」)は、急成長が見込まれるアジア向け電子商取引(EC)を行う事業者を支援するコンソーシアム「E Commerce for Asia Alliance」(以下:ECAA)を、有力なECインフラ提供企業16社(別紙)にて設立したことを本日発表いたします。
 日本からアジア諸国に向けたEC市場は、アジア諸国のインターネットの普及度、購買力の向上及び日本製品への信頼などの理由により、今後急成長が見込まれております。 このようなニーズと可能性がありながらも日本国内のECサイトの多くは、言語・商習慣・物流・決済などの問題により、国内のみに留まり急増するアジア市場のニーズを十分に満たすことが出来ておりません。こうした状況を鑑み、株式会社もしもでは、ECパッケージ、決済サービス、物流、マーケティング、ECアウトソーシングなど、各分野において業界を牽引する有力企業と共に、相互補完的な協業体制を確立し、アジア向けECを展開する企業に総合的なソリューションを迅速に提供することを目指し、ECAAを設立いたしました。
 これにより、アジア向けにEC事業の展開を企図する事業者は、迅速にアジア向けECサイト・モールの構築・運営が可能となり、成長が見込まれるアジア市場の可能性を享受することが可能となります。 ECAAは今後、参加企業の増加を図り、参加企業間でのアジア市場動向の共有、情報交換・技術交流を行うとともに、定期的なセミナー開催のほか、新ソリューションの開発・提供を行うなどし、アジア向けEC市場の拡大に向け積極的に取り組んでまいります。
 尚、ECAAの活動の第一弾として、2009年6月上旬に、報道機関・マスコミを対象にした説明会及びアジア向けEC展開を図る事業者を対象にしたセミナーを2部構成で実施いたします。ECAA設立に至った経緯や具体的な活動内容、また「急成長するアジア市場」といったテーマでECAA参加企業各社によるパネルディスカッションなどを予定しております。※詳細につきましては確定後、別途お知らせいたします。
【ECAA活動内容】・ 情報交換・技術交流などを目的とした参加企業間の定期的な会合・ アジア向けECを展開、またはEC展開に関心がある事業者に対するセミナー、講演・ 新ソリューション、新パッケージの開発・提供

■株式会社もしもについて社名: 株式会社もしも本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1-19-2 スプラインビル3F電話:03-5457-1911(代表)設立:2006(平成18)年6月資本金:5億2550万円(資本準備金含む)代表者:代表取締役社長 実藤裕史事業内容:ドロップシッピングサービスプロバイダー事業URL:リンク
■リリースに関する問合せ先株式会社もしも ドロップシッピング事業部 広報 新井Tel: 03-5457-1911 FAX: 03-5457-1921 E-mail: pr@moshimo.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。