logo

【Excite:PR】大安吉日通信vol.2 『エキサイト恋愛結婚』 ただいま「婚活」中!な男女の【恋愛投票箱】

      ただいま「婚活」中!な男女の【恋愛投票箱】
          大安吉日通信  vol.2

   『エキサイト恋愛結婚』
       PC/携帯 共通URL:リンク 


今週から『月9』でも婚活をテーマにした連ドラが始まりました。エキサイト
恋愛結婚では毎年、ゴールデンウィークは新規入会者が急増する時期。
今年はドラマの影響で、更に盛り上がりが期待できそうです。

エキサイトが提供するインターネット結婚情報サービス『エキサイト恋愛結婚』
では、2004年より恋愛や結婚にまつわるアンケート【恋愛投票箱】を実施
しています。(月4回更新)
今まさにお相手を探している、『婚活』真っ最中な現役会員がホンネで答える
アンケート。生コメントも満載で、男女別集計からも、恋愛や結婚に対する
男女の意識差がよくわかります。
今回は、2009年3月14日~4月14日の投票結果4つをお届けします。詳しくは、
『エキサイト恋愛結婚』サイト上でご覧いただけます。

※『エキサイト恋愛結婚』は22歳以上・独身社会人限定、国内最大級の
恋人・結婚相手探しサービスです。2003年の開始後、これまで8万人以上の
登録があり、幸せな退会をされた方も約18,200人に!入会時に本人確認する
安心のサイトで、理想のお相手を探せる機能も満載です。

------------------------------------------------------------------
【恋愛投票箱 アンケートお題】
------------------------------------------------------------------
Q1. この不景気が理由で、あなた自身の結婚願望は変化した?
Q2. 自分より年収が低い男性との結婚は? ⇔ 年収が高い女性との結婚は?
Q3. 初デートでおならをしちゃったらどうする?(相手は気づいてなさそう)
Q4. あの時もし結婚してたら・・・と想像することってある?

------------------------------------------------------------------

●Q1. この不景気が理由で、あなた自身の結婚願望は変化した?
【女性】
リンク
【男性】
リンク

---恋愛結婚プロデューサー 角倉恵美の視点--------------------------

★「特に変化なし」と答えた男女の差はありませんが、女性の3人に1人は
 「強まった」と感じています。
 「弱まった」と回答した女性はわずか6.5%なのに対し、「弱まった」
 と答えた男性はその3倍の約18%になりました。この時代、女性のほうが
 より経済的な危機感を感じながら結婚意欲を高めており、対して男性は
 「支えて(養って)いく自信がない」というホンネも垣間見える状況です。

★とはいえ、「こんな時代だからこそ2人で支えあっていきたい」という
 意見は特に男性側に多く、精神的なよりどころを求め、そして経済的
 には共働き志向という結婚観が伝わってきます。
 男性に大きく依存するタイプの女性は、男性からの支持率が下がって
 きているということに気づく必要があります。結婚相手のみならず、
 人生の選択肢の幅を広げたいという女性には、自分自身に経済力を持つ
 ことが大きな解決策となります。

==================================================================

●Q2. 自分より年収が低い男性との結婚は?⇔年収が高い女性との結婚は?
【女性】
リンク
【男性】
リンク


---恋愛結婚プロデューサー 角倉恵美の視点--------------------------

★20代~30代半ばの男性は、「夫婦でより稼げるならウェルカム」という
 方が多数。30代後半~40代の男性は「プライドが許さない」「相手に申
 し訳ない」という方が主流。年代別の考えの違いが見えてきた結果とな
 りました。「夫が稼いで妻は家を守る」という伝統的な意識がより強い
 年代と、そうでない世代というところでしょうか。

★女性からすれば、自分より年収が低い男性との結婚は「考えられない」
 方が半数強の53%に達しました。その理由として、「妊娠や出産のとき
 に頼れるのは夫の収入だけだから、自分より低い年収では困る」「自分
 がそもそも低収入」という実情をふまえた意見が多くあげられていまし
 た。また「自分は気にしなくても男性が気にしてうまくいかなくなる」
 という経験(?)に基づいたご意見も。
 しかし、「年収が低くても、能力や向上心や仕事に対する誇りがあり、
 家事を積極的にやってくれるならOK」という柔軟な姿勢の女性もちら
 ほら。「少し低いくらいならOK」または「将来、彼が上回れそうならOK」
 と回答した女性は42.3%も(!)。女性の意識も確実に変わってきて
 いるようですね。

==================================================================

●Q3. 初デートでおならをしちゃったらどうする?
          (相手は気づいてなさそう)
【女性】
リンク
【男性】
リンク


---恋愛結婚プロデューサー 角倉恵美の視点--------------------------

★初デートで恥ずかしい思いはしたくないのは男女とも一緒。と思いきや、
 『おなら』となると微妙に異なってくるようですね。「何もなかったよ
 うに平然と振舞う」女性が7割近くなのに対し、男性は平然と振舞う派
 が5割で、「自分からカミングアウトする」「お笑いにつなげる」方が
 あわせて4割も!

★ちなみにエキサイト社内で調査したところ、「関西(特に大阪)出身
 なら、しちゃったーと明るく切り出すか、笑いをとるのが主流で、黙っ
 たままごまかすことはまずない」とか。

==================================================================

●Q4. あの時もし結婚してたら・・・と想像することってある?
【女性】
リンク
【男性】
リンク

---恋愛結婚プロデューサー 角倉恵美の視点--------------------------

★意外にも(?)男女差のほとんど無い回答結果となりました。ふと寂しい
 とき、落ち込んだときなどに「あのときやっぱり結婚してたら・・・」と複
 雑に感じることがあるようですね。
 しかし全体的には「やはり縁がなかったのだと思う」「後悔はしていな
 い、これからが大事!」という前向きな意見が多数派でした。婚活の
 最大のコツは、前向きであること。前向きな人は前向きな未来を必ず
 引き寄せます!

★ゴールデンウィークは毎年、新規入会者が急増する時期です。普段は
 婚活する時間がないという方、入会したものの忙しくてプロフィールを
 ちゃんと書いていないという方も、この休みにぜひ婚活をがんばって
 みてください。

------------------------------------------------------------------
■エキサイト恋愛結婚 URL:リンク
------------------------------------------------------------------
『エキサイト恋愛結婚』(PC版)は2003年のオープン以来、累計で
80,000名以上の方が正会員として活動されており、これまでに報告が
あっただけでも18,261名(2009年4月21日現在)の方が幸せに退会された
実績を誇る、No.1の婚活サイトです。
エキサイト独自の機能やコンテンツを展開し、本人確認書類提出を
必須とするインターネット恋人探し・結婚情報サイトの中でも、
会員数」「サービス」「機能」「信頼性」ともに業界トップと評価
をいただいております。
これまでにNHK、TBS、フジテレビ、日本経済新聞、AERA、R25.jp、
女性誌等の多数のメディアで「理想の相手を選びやすい、安心な
婚活サイト」として紹介され、婚活ブームを背景に、女性を中心に
入会者が急増中です。
2009年12月からはケータイでの利用も可能になり、さらに幅広い
会員様にご利用いただけるようになりました。
エキサイト恋愛結婚を通じて多くの方が素敵なパートナーとめぐり
会えるように、今後も一層サービス向上に努めて参ります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。