logo

ウイングアーク、SOA対応PDFエンジン「SVF for PDF SOA Edition」および新ソリューションコンセプト「OPM(=Output Performance Management)」を同時発表

SOAPインターフェイスを実装、J2EEや.NETのアプリケーションと通信し メンテナンス軽減と変化に強い柔軟な帳票基盤を構築

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、SOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャー)のサービスの1つとして、PDFによる帳票生成サービスを組み込めるようにしたSOA対応PDFエンジン「SVF for PDF SOA Edition」および新ソリューションコンセプト「OPM(=Output Performance Management)」を発表しましたのでお知らせいたします。


 昨今、ビジネス環境の大きな変化に伴い、企業統合も含め事業自体の見直しや組織変革や業務改革など、事業継続のための迅速な対応が企業に求められています。ウイングアークテクノロジーズでは2009年、「コスト削減」「セキュリティ」「プラットフォーム」に主軸をおいた帳票基盤商品を販売してまいります。その先駆けとして「SVF for PDF SOA Edition」の製品化が実現しました。


 「SVF for PDF SOA Edition」は、日本アイ・ビー・エム株式会社と共同開発を行い、IBM(R)WebSphere(R) Application Serverと連携し4月20日から販売を開始します。価格はライセンス、構築サービスと合わせて500万円(税別)~、ウイングアーク テクノロジーズのパートナーを通じて販売いたします。(価格詳細については、別途お問い合わせください。)
 「SVF for PDF SOA Edition」は、「SVF for PDF」を帳票出力エンジンとするSVF帳票サーバでSOAPのインターフェイスを装備しており、SVFによって生成される表現豊かな帳票機能をSOAのサービスとして組み込むことができます。J2EEや.NETのアプリケーション、リッチクライアントやSaaSなどSOA、Webサービスの標準であるWSDL、SOAP に対応したシステムとの連携/通信を行い、業務にあわせて最適化された“High Grade PDF”(※1)を生成することができます。業務アプリケーション毎に検討していた帳票ツールを基盤化しWebサービスで連携することによって、アプリケーションの開発言語に依存することなく、より短期間に、より低コストでの開発・導入が可能です。また帳票基盤の集約によるコスト削減だけでなく、再利用性が高いため運用費用の圧縮を見込むことができIT投資の抑制に寄与します。
 加えて、新システムの増設やグループ企業などオンライン出力先の追加が容易に行なうことができるほか、ユーザー認証機能やログ出力形式の統一により、ITガバナンス、内部統制対応を強化することができます。このほか、負荷分散装置の組み込みが可能で、システムの拡張に伴って増大する帳票出力負荷をバランスよく吸収した運用を展開することが可能です。


 また、ウイングアーク テクノロジーズは、企業のOUTPUT運用の適正化をはかる新ソリューションコンセプト「OPM(=Output Performance Management)」を発表します。「OPM」は企業のOUTPUTに着眼し、コスト削減と業務現場の生産性向上をはかり、競争力の強化をめざします。
構成は、以下の3ステップとなります。
①バリュー・エンジニアリング(※2)手法によるコスト削減提案 (OutPut Assessment)
②システム最適化提案(OutPut Optimize)
③効果検証と効果の最大化(Value Maximize)


 今後、ウイングアークテクノロジーズは「SVF」帳票基盤商品ならびに新ソリューションコンセプト「OPM」を推進し、随時発表してまいります。


「SVF for PDF SOA Edition」詳細については下記URLをご参照ください。
 リンク


■「SVF for PDF SOA Edition」で生成されるPDFの機能
<主な機能>
・共通機能
  複数の出力印刷イメージ(PDF/EMF)
  ページ指定出力
  位置補正
・“High Grade PDF”出力
  閲覧パスワードの設定
  ローカルに保存したファイルの閲覧禁止設定
  編集の禁止設定
  内容のコピー禁止設定
  印刷の禁止設定
・EMF出力
  圧縮設定
・負荷分散、流量制限
  負荷分散装置の組み込みが可能


■稼働環境
<ソフトウエア>
WebSphere Application Server V6.1(※6.1.0.19以降)
<OS>
Microsoft(R) Windows ServerTM2003 Standard Edition 、Enterprise Edition(x86互換 32bit、EM64T 64bit)
Microsoft(R)Windows Server(TM)2003 R2 Standard Edition、Enterprise Edition(x86互換 32bit、EM64T 64bit)
SUN(R) Solaris(R) 9、Solaris(R) 10(SPARC)
HP(R) HP/UX11i V2(IPF)、
IBM(R) AIX5L Ver5.3、
Red Hat Enterprise Linux AS4.0(x86互換 32bit、EM64T 64bit)
Red Hat Enterprise Linux ES4.0(x86互換 32bit)
Red Hat Enterprise Linux 5.0 Advanced Platform (32bit)
Red Hat Enterprise Linux 5.0 (Server 32bit)
<JDK>
Sun MicroSystems J2EE、およびJ2SE準拠 JDK1.5.0 (32bit)
IBM J2EE、およびJ2SE準拠 JDK1.5.0 (32bit)
HP J2EE、およびJ2SE準拠 JDK1.5.0 (32bit)


注1:「High Grade PDF」
PDFの生成時に複数のPDF文書のマージ処理や閲覧制限、PDFファイルの持ち出し抑止に有効な機能など、従来のPDF帳票に対して数々の付加価値を付帯したSVFから出力される高機能PDFデータ。


注2:「バリュー・エンジニアリング」
価値分析の1つ。製品などの品質や機能を落とすことなく、コストダウンを実現するための手法のこと。
製品の機能分析評価を中心に、構造の再検討、素材等の代替案の検討、新たな作業方法の開発などについて見直しを行なう。分析段階と実施段階に分けてとらえられ、分析段階をVA(価値分析)という。


[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サービス、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「StraForm」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化


[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:83億円(2008年2月期)
従業員数:185名(2009年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク


<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp


※IBM、WebSphereは、International Business Machines Corporationの米国ならびにその他の国における商標です。
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。