logo

Intel社の“Nehalem” Xeonプロセッサ搭載サーバーに対応した 1333MHz、1066MHz DDR3メモリモジュールを発表

システム移行に向けて広範囲なサーバー用メモリの選択枝を提供

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyは4月17日、Intel社の“Nehalem” Xeonプロセッサを搭載したマザーボード上での使用を同社によって認証された、1333MHz及び、1066MHz DDR3サーバー用メモリの出荷を開始したことを発表いたしました。

KingstonのDDR3レジスタードECC DIMM及びDDR3アンバッファードECC DIMMは、より信頼性の高い動作のために、メモリモジュール温度のモニター用にいくつかのプラットフォームで既に活用され、熱的パラメータをより高精度で管理することを可能にする熱センサーを搭載しています。Intel社が新たに発表した“Nehalem” Xeonプロセッサはより低消費電力のサーバーを用いて性能を高めることに成功したものです。当社のサーバー用レジスタードECC DIMM及びアンバッファードECC DIMMは、新しいNehalemベースのXeonプロセッサを用いたIntel社最新のサーバー・プラットフォームを完全にサポートしており、トリプルチャンネル・アーキテクチャの利点を活かすように最適化されています。Kingstonのサーバー用メモリは製品寿命期間全体の保証と無料のテクニカル・サポート付きで提供されます。

当社でメモリモジュール製品マネージャを務めるアン・バイ(Ann Bai)は「Kingstonは、新しいXeonプロセッサの登場により、企業ユーザーと一般ユーザーの両面でシステム移行の需要が高まるものと予測しています。この新しいXeonプロセッサはより高効率な操作オプションを提供するものです。Kingstonは、長年にわたりパートナーであるIntel社と緊密な共同開発を行っており、最新テクノロジーと最高の品質を備えた広範囲なサーバー用メモリを提供することをお約束いたします。」と語っています。

同製品の詳細情報についてはWebサイトwww.kingston.com/japanをご参照ください。
Intel社の認証情報についてはWebサイトwww.intel.com/technology/memory/ddr/valid/ddr3_UDIMM_RDIMM_results.htmをご参照ください。
また、ユーザー同士がKingston製品に関して情報交換できるサイト『Kingston Blog』(www.kingston-blog.com)でも同製品に関する情報が取得できます。

このプレスリリースの付帯情報

1066MHz DDR3 メモリモジュール

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事