logo

屋内のセルラーカバレッジ市場を支配するフェムトセル

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「世界の小型基地局市場分析:マイクロセル、ピコセル、フェムトセル - A Cell of Your Own - Worldwide Micro, Pico, and Femtocell Market Analysis」のプレスリリースにおいて、世界の年間フェムトセル半導体収益は、2013年に4億ドルに近づくという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
フェムトセルは2006年には事実上存在していなかったが、2007年に1社のオペレータでスタートし、2013年には小型セルラー基地局の収益の61%を占めるだろうと、米国調査会社インスタット社は報告している。マイクロセル、ピコセル、フェムトセルは、コスト効率のよい屋内携帯電話のカバレッジを提供する。

「モバイルオペレータが、大規模な基地局から、より小さいアクセスポイントに移行するために、出荷数は劇的に増加するだろう。インスタット社は、不況下においても、小型で安価なセルは、より高価なマクロや小型基地局に比べて堅調だろうと予測している」とインスタット社のAllen Nogee氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ フェムトセル、ピコセル、マイクロセルは、2013年に出荷数1500万を上回るだろう
■ 世界の1年間のフェムトセル半導体収益は、2013年に4億ドルに近づくだろう
■ 2007年にただ1社、Sprintがフェムトセルベースのサービスを開始し、他社は2008年に市場に参入した
■ 2009年中頃に、Airwalkはフェムトセルの新しい企業を導入した。その製品には、従来のピコセルの容量とフェムトセルの使いやすさがある

インスタット社の調査レポート「世界の小型基地局市場分析:マイクロセル、ピコセル、フェムトセル - A Cell of Your Own - Worldwide Micro, Pico, and Femtocell Market Analysis (#IN0904374GW)」は、世界の小型セルラー基地局市場を調査している。フェムトセル、ピコセル、マイクロセルの2013年までの機器の出荷数と半導体収益の予測、地域毎の5年間予測、WiMAXマイクロ、ピコ、フェムトセルと半導体収益の予測、市場と技術の概観、ベンダプロフィールを記載している。

【調査レポート】
世界の小型基地局市場分析:マイクロセル、ピコセル、フェムトセル
A Cell of Your Own―Worldwide Micro, Pico, and Femtocell Market Analysis
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。