logo

ホストコンピュータなどの業務システムの帳票を印刷することなく管理できる「ラビニティ 電子帳票ソリューション」を提供開始。重要書類のセキュリティ向上と棚卸作業の効率化を実現

株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長:林 雅博/以下、日立システム)は、各社のホストコンピュータやPCサーバ上で稼働しているERPパッケージなど業務システムから大量に出力される帳票を、印刷することなく電子化できる「ラビニティ 電子帳票ソリューション」の提供を5月1日から開始します。これにより、帳票の印刷や管理にかかるコストを大幅に削減でき、データベースへのアクセスログの取得や、閲覧や印刷の権限を容易に設定できる電子帳票管理システムを実現します。

業システムの根幹を担う、ホストコンピュータのERPパッケージなどの業務システムからは、財務関連帳票(売上・買掛・請求など)、業務関連帳票(出荷等の各種指示書、日次営業報告など)、業界によって差異はあるものの大量の帳票が出力され、その管理コストは大きな負担となっていました。
 しかし、90年代後半頃からPCサーバ高機能化等の要因により、そういった帳票を発生時に電子データのまま効率的に管理できる「電子帳票システム」の存在価値が急激に高まり、現在も企業システムの発展と共に進化し続けています。

 今回提供を開始する「ラビニティ 電子帳票ソリューション」は、各社の帳票設定ツールとの連携により、ホストコンピュータやERPシステムの帳票イメージを忠実に再現した画面を提供することが可能となります。これにより、管理する電子帳票のデータ容量を削減が可能となり、目的に応じてデータを加工した表やグラフとして活用することができます。また、電子帳票サーバへの閲覧、印刷、通信およびファイル出力などのすべての操作ログを取得できるほか、帳票毎に閲覧、印刷、ファイル出力などの権限を期限付きなどで設定することも可能です。さらに手書きや捺印された帳票の原本をイメージ化したファイルを管理する「ラビニティ Millemasse」と連携する事も可能であり、「ラビニティ 電子帳票ソリューション」上に保管された帳票上の特定のキー項目をクリックするだけで「ラビニティ Millemasse」に保管されたイメージファイルを参照することも可能です。

 日立システムは、「ラビニティ 電子帳票ソリューション」を、従来のラビニティユーザーや各業種のHITACユーザー、各社ホスト、ERPユーザーを対象に2011年度までに約30社への販売を目標としています。

■「ラビニティ」について

ラビニティは、コンテンツの無限の可能性を追求する商品群(「ラビニティ ECM」、「ラビニティ Millemasse」など)の統合ブランドです。本ソリューションで用いるドキュメント・イメージソリューション「ラビニティ Millemasse」シリーズは、日立システムが自社で開発しており、日本国内で1,100社以上の導入実績があります。
  リンク

■商標名称等に関する表示

・ラビニティ、Millemasseは、株式会社日立システムアンドサービスの商標または登録商標です。
・その他、記載している会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

■製品、ソリューションに関するお問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
パートナー営業本部 プロダクトソリューション営業部
中居(なかい) TEL:03-6718-5804
門馬(もんま) TEL:06-6647-9406
E-mail : libinity-elform@hitachi-system.co.jp

■報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
法務・広報部 広報グループ 廣納(ひろのう)
TEL : 03-6718-5750
E-mail : press@hitachi-system.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

請求書明細画面から対応した注文書の原本(写)を表示する画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事