logo

SAS、「SAS(R) Global Forum 2009」を開催

SAS、「SAS(R) Global Forum 2009」を開催
~Business Analytics Frameworkにおける機能拡張、最新の詐欺対策フレームワーク、SaaS型マーケティング・キャンペーン・ソリューションを発表~



※2009年3月23日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です

米国ワシントンDC、「SAS Global Forum 2009」発
ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下: SAS)は、同社最大規模のユーザーイベント「SAS Global Forum 2009」を3月22日から25日までの4日間、米国ワシントンDCで開催し、3,200人を超えるユーザーの参加がありました。また、SASでは同イベントにおいて以下のニュースを発表しました。

好況時にも不況時にも、企業の競争力確保に不可欠な「SAS(R) Business Analytics」
―データ統合、分析・予測、レポーティングを機能強化し、さらなる付加価値を実現―

SASは、「SAS Business Analytics Framework」を支える戦略的情報基盤の大幅な機能強化を発表しました。これにより、例えばSASの分析力を一般ユーザーでも使いこなせる、状況の変化に俊敏に対応できる、事業部門間の連携を円滑にさせる、組織の効率性を最大限に高めるといった、さまざまなビジネス上のメリットが実現します。その結果、企業は景気動向に左右されることなく収益性を向上させることができます。SASの上級副社長 兼 CMO(最高マーケティング責任者)であるジム・デイビス(Jim Davis)は、「SAS Business Analytics FrameworkにもとづきSASが提供する広範なビジネス・ソリューションにより、企業は競合他社の先を行くための新たなチャンスをつかむことができます」と述べています。

SASの戦略的情報基盤は、パワフルなデータ統合、分析・予測、レポーティングの機能を統合した形で提供され、常に進化を続けるSASの業種別・業務別ビジネス・ソリューションの土台です。これにより企業は、SASのさまざまなビジネス・ソリューションを用いることができます。まずは最も緊急性の高い経営課題に取り組むために特定のソリューションを導入し、さらに継続的なパフォーマンス改善のために他のソリューションを適用するといった利用方法が可能となります。

●データ統合 (Data Integration)
データ統合の機能強化により、企業はより効率的に、データから多くの価値を引き出すことができます。パフォーマンス・チューニングとパフォーマンス・モニタリングの強化、デバッグの操作性向上、GUIの強化によって、部門間の連携や使いやすさ、処理速度が向上し、統合開発環境としての完成度が向上しました。例えば、最新の「Code Analyzer」は既存のSASコードを取り込み、直感的に理解しやすいグラフィカルな操作環境を提供します。この機能を活用することで、企業内の分析担当者などSASコードの記述を行わないビジネスユーザーでも、複雑で開発に数年間を要した既存のSASコードの保守や改良を行えます。

●分析・予測 (Analytics)
分析・予測の機能強化により、「SAS(R) Enterprise Miner(TM)」や「SAS(R) Forecast Server」など定評のあるアプリケーションもさらにパワーアップします。SAS Enterprise Minerは、不安定な状況下においても、意思決定者が迅速にビジネス上の課題を解決できるよう支援します。LAR(Least Angle Regression)やLASSO(Least Absolute Shrinkage and Selection Operator)などの最新のアルゴリズムは、新規データセットに対する従来型の変数増減法と比べ、変数をより効率的かつ段階的に処理することができます。これにより、変数の大規模なセットを比較的小規模なサブセットへと縮小し、詐欺検知、ワランティ分析、医薬品の臨床試験、データベース・マーケティングなどの用途において、より高い効果を生み出すことができます。

●レポーティング (Reporting)
レポーティングの機能強化により、より幅広いユーザーが情報活用を行えるようになり、企業における事実に基づいた意思決定の浸透を支援します。Microsoft(R) SharePointとの連携や、魅力的なグラフィックと操作性を持つFlashとの連携など、ユーザーにとって使いやすい機能が追加されました。使い慣れた操作方法でレポーティング機能を活用できるため、ユーザーはより高度で価値のある情報を容易に得ることができ、IT部門はサポートや教育のコストを抑えることができます。

SAS、「SAS(R) Social Network Analysis」を中核とする最新の詐欺対策フレームワークを提供
―詐欺検知率の向上、誤検出の低減、調査リソースの合理化で企業を強力に支援するソリューション―

近年、増え続ける詐欺犯罪は技術的にも巧妙化が進んでおり、あらゆる金融機関や政府機関が対応を迫られています。効果的な詐欺対策には、複数の口座とシステム全体にまたがり、顧客の行動を絶えず監視することが必要です。SASは、新たな詐欺対策フレームワーク「SAS Fraud Framework」によって、こうしたニーズに応えます。このフレームワークは、検知・アラート生成、アラート管理、ケース・マネジメントをサポートする各種コンポーネントと、最新の「SAS Social Network Analysis」ソリューションから構成されます。銀行や保険会社、政府機関は、業種別のビジネスルールやモデルを活用することで、さまざまな詐欺活動を検知・防止するとともに、対策活動を管理することが可能となります。

SAS Fraud Frameworkは、ビジネスルール、異常検知、予測モデル、ソーシャル・ネットワーク分析など、詐欺を防止・検知・調査するための技術によって、詐欺による損失の低減と詐欺の摘発を支援します。事業部内の小規模な詐欺と、チャネルを横断した全社規模詐欺、両方の検知・防止を支援できるよう設計されており、企業はこのフレームワークを詐欺検知率の向上や誤検出の低減、調査リソースの合理化に役立てることができます。フレームワークの中核をなすプロファイリング・エンジンは、ルール、詐欺スコア、既知の詐欺師との関連性にもとづき、個人、顧客、製品、ネットワークを評価します。複数システムのアラートを統合することで、詐欺の出現とリスクを企業全体で把握できます。

SAS Social Network Analysisは、取引や顧客に関係する住所、電話番号、勤務先、口座名義、その他の重要な取引データなど、ネットワーク内のあらゆる活動と関係性を分析することで、詐欺の検知・防止を支援します。SAS Social Network Analysisのインターフェイスにより、顧客に関するすべての詳細情報と関係者の情報、ネットワークに迅速にアクセスでき、より短期間でケース・アセスメントを行い、調査書類を作成することが可能となります。

最新のSaaS型「SAS(R) Campaign Management」により、投資対効果とスピードの最大化を実現
―適切なターゲットに向けた実効性のあるキャンペーンをタイムリーに実現―

今日のマーケティング・キャンペーンは、今までにも増して制約の大きい投資条件のもと、最大限の効果を引き出すことが求められています。SASが提供する最新のSaaS(Software as a Service)型ソリューション「SAS Campaign Management」は、最小限のシステム構築で迅速に実効性をもたらし、ダイレクト・マーケティングを成功に導く近道となります。

SAS Campaign Managementは、従来、ライセンス提供もしくはカスタムホスト型ソリューションの形式で提供されてきましたが、このたび、多岐にわたるマーケティング・キャンペーンを迅速に開発・変更・管理するための事前定義済みソリューションが追加され、新たにSaaS形式で提供されます。SaaS型のSAS Campaign Managementは、パッケージ済みの分析モデルにより顧客に洞察力をもたらし、マーケティング・プログラムの焦点を適切な顧客に合わせます。テンプレート、パッケージ済みレポート、分析機能が組み込まれており、Webブラウザさえあれば、企業は顧客リストを管理し、キャンペーンを作成することができます。

本ソリューションは、より高度で、ターゲットを絞った収益性の高いキャンペーンを支援します。製品の機能は以下の通りです。
●反応モデル:クライアントが特定のオファーを受け入れる可能性を予測します。
●顧客セグメンテーション・モデル:最も収益性の高い顧客セグメントと、顧客をより収益性の高いセグメントへと移行させる機会を特定します。
●キャンペーン・チェックリスト:一定のキャンペーンの完了に必要なタスクを示します。
●認証ステップ: マーケティング・プロセスに必要な抑制と均衡を実現します。
●電子メールの通知: キャンペーンの状況に関するアラートをユーザーに提供します。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場における最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の45,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万名、日本法人 約210名(リンク
※SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事