logo

マイクロストラテジー・ジャパンのプレジデントにBI業界で実績を持つ印藤公洋が就任

ビジネス インテリジェンス(BI: Business Intelligence)ソフトウェアの世界的なリーディングプロバイダであるMicroStrategy Incorporated (Nasdaq:MSTR、本社:米国バージニア州マックリーン市)は2009年4月13日、マイクロストラテジー・ジャパンのプレジデントに印藤公洋が就任したことを発表しました。

活動拠点を東京とし、MicroStrategyの戦略的なビジョンと事業発展を推進し、収益の成長を目指して日本市場におけるMicroStrategyのポジションを強化してまいります。30年以上にもわたる経営、ビジネス戦略の立案、営業、マーケティング、プリセールスそして経営コンサルティング分野における幅広い業務経験をMicroStrategyにもたらします。

MicroStrategyに入社する前は、印藤は日本ビジネスオブジェクツで社長を務めました。それ以前は、キャップジェミニの日本法人(現:サガティーコンサルティング株式会社)で社長を務めました。日本アイ・ビー・エムには29年間在籍し、アジア太平洋及び日本地域におけるeビジネス・ソリューションの推進も含め、様々な管理職のポジションを務めました。

『弊社が成長を遂げ、新しい画期的な局面を迎えているときに、印藤がMicroStrategyの経営陣に加わったことを喜ばしく思っています。印藤は、業界における深い知識と強力なリーダーシップをMicroStrategyにもたらします。我々は、彼の過去の目覚しい実績と成功から、その専門性とビジョンが我々のBIのリーディングカンパニーの1社としての地位を確立させ、日本におけるMicroStrategyの継続的な成長をより一層促進させていくものと確信しています。』MicroStrategy Asia Pacific & Japan、President、Terence Chanはこのように述べています。

印藤は、『このダイナミックな企業の一部になれたことを喜ばしく思っています。ビジネスを発展させ、 今後の課題に取り組みながら日本のチームを率いていくことを楽しみにしています。ビジネスインテリジェンスは今後の大きな成長領域であり、我々が顧客基盤を拡げ、さらに日本市場へ浸透する絶好の機会だと考えております。』と述べています。


MicroStrategyについて
MicroStrategy は、1989 年に創立されたビジネス インテリジェンス(BI: business intelligence)技術のグローバル リーダーです。世界をリードする企業や機関が毎日のビジネスにおいてより適切な決断を下せるように、MicroStrategy はレポート、分析、モニタの各機能が統合されたソフトウェアを提供します。その高度な技術力、洗練された分析機能、データとユーザの両面における卓越したスケーラビリティによって、MicroStrategy は多くのお客様から選ばれています。MicroStrategy(Nasdaq:MSTR-News)に関する詳細は、( リンク )をご覧ください。


MicroStrategy 及び MicroStrategy Business Intelligence PlatformはMicroStrategy Incorporatedの米国およびその他の国における商標または登録商標です。ここで言及したその他の製品名および企業名は、それぞれの所持者の商標である場合があります。


【本件に関するお問い合わせ先】

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社
電話:03-3511-6700 (代表)
Eメール:info-jp@microstrategy.com

《関連URL》
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事