logo

世界初!クルマを貸したい人と、借りたい人をマッチングするソーシャル・カーシェアリング・サービス『CaFoRe (カフォレ)』スタート

株式会社ブラケット 2009年04月13日 09時00分
From DreamNews

インターネットを使用した新しいビジネスの企画・開発・運営を行う株式会社ブラケット(本社:東京都世田谷区、代表取締役兼CEO:光本勇介)は、2009年4月13日(月)より、インターネットを使用し、日本中のクルマを貸したい人とクルマを借りたい人をマッチングするソーシャル・カーシェアリング・サービス『カフォレ(英名:CaFoRe)』(ビジネスモデル特許出願中)を開始します。
インターネットを使用した新しいビジネスの企画・開発・運営を行う株式会社ブラケット(本社:東京都世田谷区、代表取締役兼CEO:光本勇介)は、2009年4月13日(月)より、インターネットを使用し、日本中のクルマを貸したい人とクルマを借りたい人をマッチングするソーシャル・カーシェアリング・サービス『カフォレ(英名:CaFoRe)』(ビジネスモデル特許出願中)を開始します。
『カフォレ』は、まったく新しい感覚の「カーシェアリング」「レンタカー」サービスです。インターネットを活用し、使用していないクルマをまったく新しい方法にて、個人間で共有する方法を提供するものです。ユーザーは、レンダー(貸し手)とボロワー(借り手)に分かれます。● レンダー(貸し手)は、クルマを使わない間は、借りたい人へシェアしてあげることで自分のクルマをもっと有効活用できます。● ボロワー(借り手)は、クルマが必要なときだけ、貸したい人からシェアしてもらうことでお財布にも環境にも優しいカタチでクルマに乗ることができます。
クルマの貸し出し情報をインターネット上で売買し、個人間で「シェア」していく『カフォレ』は、これからの時代の、新しいライフスタイルを提供するサービスです。
また、『カフォレ』のサービスを利用して、クルマが貸し借りされた際に発生した万が一の事故に備え、同サイトでは保険・補償サービスも提供いたします。
クルマ離れが加速し、レンタカー市場やカーシェアリング市場の急速な拡大が進む中、ブラケットでは新しい「個人間のカーシェアリング市場」を確立すべく、サービス開始1年で10万人の会員獲得を目指します。
■ 『カフォレ』ご利用の際の保険・補償制度についてCaFoReでは、クルマの貸し借り中に起こりうる万が一の事故に備えるため、ボロワー(借り手)は「ドライバー保険会員」、レンダー(貸し手)は「レンダー補償」に必ず加入する必要があります。
ドライバー保険会員になりますとブラケットが契約するドライバー保険の対象者(被保険者)になることができ、他人のクルマを借用中に起こった事故の損害に対し、補償を受けることができます。料金は1ヶ月あたり2680円(新規の方)となり、補償範囲は以下のとおりです:
【ドライバー保険の補償範囲および補償額】対物賠償:無制限 (免責5万円)対人賠償:無制限搭乗者傷害:1名につき1,000万円 医療保険金 部位・症状別定額払自損事故:1名につき 1,500万円 (死亡時)

レンダー補償に加入しますとブラケットが契約する補償制度の対象者(被保険者)になることができ、クルマを他人に貸している間に起こった自身の車両損害に関わる諸費用を最高30万円まで補償するものです。補償メニューは月額1050円、2100円、3150円と3つあり、各メニューの補償範囲は以下のとおりです:
【レンダー補償の補償範囲】月額1,050円コース:1事故の補償限度額10万円 免責金額5万円 (全損の場合は免責なし)月額2,100円コース:1事故の補償限度額20万円 免責金額5万円 (全損の場合は免責なし)月額3,150円コース:1事故の補償限度額30万円 免責金額5万円 (全損の場合は免責なし)
■ 『カフォレ』へのアクセス方法URL:www.cafore.jp* サービスのご利用はPCからのみとなります。
■ 『カフォレ』利用料金(1) 会費、出品料:無料(2) 取引成約手数料: 10%(レンダー(貸し手)負担)(3) 決済システム手数料:5%(ボロワー(借り手)負担) *サービス利用には、当サービスが契約者となる保険・補償の対象者(被保険者)となって頂く必要があります。
■『カフォレ』運営会社名 称    株式会社ブラケット設 立    2008年10月10日事業内容 インターネットビジネスの企画・開発・運営代 表 者  代表取締役兼CEO 光本 勇介

本件に関する問い合わせ先株式会社ブラケット 担当:原永電話:03-6805-3364E-mail: info@bracket.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事