logo

Yahoo!リサーチ 「メタボリックシンドロームと特定保健用食品」 に関する調査

─────────────────────────────
Yahoo!リサーチ 「メタボリックシンドロームと特定保健用食品」 に関する調査を実施

特保の購入頻度、「メタボを本気で解消したい人」で高め。
特保に対する期待は「自らの努力にプラスアルファの効果」

リンク

─────────────────────────────


<調査結果トピックス>

・メタボを気にし始めたきっかけ、若い年代ほど「自分の体型を見
て」、高い年代ほど「健診」「指導」が高い傾向

・メタボを気にしている人の7割が「本気でメタボを解消したい」
が、運動も飲食コントロールも実践しない人4割

・特保の購入頻度、「メタボを本気で解消したい」という気持
ちが強い人は高め

・特保に対する期待は、「自らの努力にプラスアルファの効果」

・メタボの解消・予防で得たい成果は各年代とも「健康、長生き」。
30代男性は「モテたい」も

------------------------------------------------------------------

Yahoo!リサーチを運営するヤフーバリューインサイト株式会社(本
社/東京都中野区、代表取締役社長:田部 信)は、「メタボリック
シンドロームと特定保健用食品」に関する調査を2009年2月11日~
2月12日 、自社調査専用パネルを対象に実施しました。

2008年4月から、生活習慣病の予防を推進するための施策として特
定健康診査・特定保険指導(メタボ健診)が開始されるなど、メタ
ボリックシンドローム(以下、メタボ)に対する関心は年々高まっ
ています。今回は、中高年のメタボ対策意識や、特定保健用食品
(以下、特保)の購買実態、期待意識などについて調査しました。


◇◆◇ 調査結果概要 ◇◆◇

〔1〕メタボを気にし始めたきっかけ、若い年代ほど「自分の体型
を見て」、高い年代ほど「健診」「医師の指導」などが高い傾向
+-------+------+------+------+------+------+------+
首都圏(1都3県)30~69歳の男女1,382人対象の予備調査におい
て、男女とも6割以上(男性66%、女性60%)が「自分がメタボま
たはメタボ予備軍であると感じて体型や健康を(とても+やや)
気にしている」と回答しました。
(以下、本調査では前述の「気にしている」と回答した男女800人
が対象)
メタボを気にし始めたきっかけは、「自分の体型・スタイルを見
て」が圧倒的に多く53%、「服のサイズが合わなくなった」が13
%、「メタボ健診の結果から」「メタボ健診以外の健診の結果から
」「医師の指導があった」などの健診・指導関連が合わせて2割弱
でした。何よりも『自分の見た目』がメタボ実感の気づきとなって
いるようです。また、若い年代ほど「自分の体型・スタイルを見
て」、高い年代ほど健診・指導関連の比率が高まる傾向が見られま
した。



〔2〕メタボを気にしている人の7割が「本気でメタボを解消した
い」。しかし定期的な運動も飲食コントロールも実践していない人が4割
+-------+------+------+------+------+------+------+
メタボを気にしている人の中で、『本気でメタボを解消したい』と
いう人は、「(とても+やや)あてはまる」TOP2ボックス回答者で
7割弱にのぼりました。しかし、ふだん『走ったりスポーツをした
りなど定期的に運動をしている』(以下A)人は3割弱、 『食事の
量や種類、お酒の量、カロリー摂取量などをコントロールしてい
る』(以下B)人も5割強に留まっています。
さらに、上記A・Bの2つの実践実態をベースに分類すると、Bのみを
行っている【飲食・カロリーコントロール中心派】が35%、Aのみ
を行っている【定期的な運動中心派】が12%、両方行っている【飲
食・運動バランス派】が18%、そして両方とも行っていない【実践
なし】が36%という構成が見られ、定期的な運動よりも飲食・カロ
リーコントロールを実践している人の割合のほうが多く、また、何
も実践しない人も4割弱であることがわかりました。



〔3〕特保の購入頻度、「メタボを本気で解消したい」という
気持ちが強い人は高め
+-------+------+------+------+------+------+------+
特保商品の購入頻度は、「頻繁に購入する」が7%、「ときおり購
入する」が39%とTOP2ボックス回答者は合わせて5割弱でした。
前述の分類別では、『飲食・カロリーコントロール中心派』でTOP2
ボックス回答者が51%と最も高く、『飲食・運動バランス派』が45
%と続き、飲食・カロリーコントロールを実践している人において
購入頻度が若干高めの傾向が見られました。また、「本気でメタボ
を解消したい」と思っている人では全体よりも10ポイント以上高
く、解消したい気持ちが購入頻度の高さに反映される結果が見られ
ました。  



〔4〕特保に対する期待は、「自らの努力にプラスアルファの効果」
+-------+------+------+------+------+------+------+
そして、特保商品に対する期待は、「運動や食事、お酒、カロリー
制限の努力に加えプラスアルファの効果が得られそう」が77%と最
も高く、「少しでも早くメタボを解消・予防できそう」が62%と続
き、自らの努力の補強・促進や成果を得るまでの時間の短縮を期待
している人が多い結果になりました。一方で、「食事やお酒、カロ
リーなどを制限せずにメタボ解消・予防ができそう」「飲みすぎ・
食べすぎを帳消しにできそう」「運動せずにメタボを解消・予防で
きそう」など、努力せずにメタボ解消・予防効果を得ることや、自
分が行ってしまった行動の相殺などへの期待も4割前後という結果
でした。いずれの項目においても 「本気でメタボを解消したい」
と思っている人では全体より1~2割高く、メタボを解消したいとい
う気持ちが強い人は、特保商品の効果への期待度も高いようです。



〔5〕メタボの解消・予防で得たい成果は各年代とも「健康、長生
き」。30代男性は「モテたい」も
+-------+------+------+------+------+------+------+
メタボを解消・予防することで得たい成果は、性年代に関わらず
「病気になりたくない、長生きしたい」が圧倒的に高く、あたりま
えではあるものの、【生】に対する執着の高さが反映される結果と
なりました。
30代男性では「メタボキャラ扱いされたくない」、「モテたい」な
どが他性年代よりも突出して高く、また男性では年代が高まるほど
「家族に認められたい」のスコアが低下するなどの傾向も見られま
した。



<調査概要>

◇調査方法 : インターネットウェブ定量調査
◇調査対象者 : 首都圏1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、
千葉県)在住の30~69歳男女800人
◇割付    : 性年代別10歳刻み100S均等割付
◇調査期間 : 2009年2月11日(水)~2月12日(木)
◇調査機関 : ヤフーバリューインサイト株式会社
◇設問項目 : 下記項目を調査
・ メタボリックシンドロームを意識し始めたきっかけ
・ 運動や食事制限の実施状況、意識
・ メタボリックシンドロームの解消・予防によって得たい成果
・ 特定保健用食品の購入頻度
・ 特定保健用食品に期待すること など


※プレスリリースは、こちらからダウンロードいただけます。
リンク



<関連調査>
・「男性の美容」 に関する調査 (2009年2月)
リンク
・「ビリーズブートキャンプ」に関する調査 (2007年8月)
リンク

<Yahoo!リサーチ テーマ別ソリューションのご紹介>
評価グリッド法(R):リンク
セグメンテーション :リンク
生活者行動分析   :リンク
上記以外にも、マーケティング課題やプロセスに応じた多彩な
ソリューション、調査・分析手法をご用意しています。



─────────────────────────────
◇ヤフーバリューインサイト株式会社について
─────────────────────────────
「市場の生活者ニーズを捉え、マーケティング課題を解決し、企
業の成長に貢献する価値を提供すること」、それが私たちの使命で
す。ヤフーバリューインサイト株式会社は、マーケティングリサー
チのリーディングカンパニーとして、国内最大級かつ高品質な調査
パネルを基盤に、インターネットリサーチから従来型手法まで、豊
富なリサーチサービスを提供しています。
2008年7月より、ヤフー株式会社との「Yahoo!リサーチ」ブランド
共同運営を開始し、Yahoo! JAPANを通じた調査パネルの充実、イン
ターネットにおけるノウハウやインターネット利用動向の活用、そ
してマーケティングテクノロジーの研究・開発を続け、これまでに
ないサービスや価値を提供してまいります。


会社名    :ヤフーバリューインサイト株式会社
        リンク
所在地    :東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル1F
        TEL: 03-3367-1967(代表) FAX:03-3367-1961
新会社発足日 :2007年7月1日
資本金    :7億円
代表者    :代表取締役社長 田部 信(たなべ しん)
事業内容   :・マーケティングリサーチ事業
        ・データ解析事業
        ・マーケティングコンサルティング事業
        ・生活者情報データ・コンテンツ事業
         [C-NEWS] リンク        
所属団体   :・社団法人日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)
        ・社団法人日本マーケティング協会(JMA)
        ・ESOMAR(ヨーロッパ世論・市場調査協会)
        ・日本行動計量学会
        ・日本消費者行動研究学会(JACS)
        ・日本マーケティング・サイエンス学会(JIMS)


本件に関するお問い合わせ
─────────────────────────────
ヤフーバリューインサイト株式会社
マーケティングコミュ二ケーション室 広報

お問い合わせフォーム:
リンク
TEL:03-3367-1959 FAX:03-3367-1969

【引用・転載時のクレジット表記について】
本リリースの調査結果を引用される際は、必ずクレジットを明記
いただけますようお願いします。
例)「 Yahoo!リサーチ調べ」「Yahoo!リサーチの調査によると・・・」

─────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。