logo

GMOペイメントゲートウェイ、「節約消費」「巣ごもり消費」で拡大するネットスーパー市場に決済サービスを展開

GMOインターネットグループ 2009年04月07日 11時00分
From PR TIMES

2009年4月7日
報道関係者各位

GMOペイメントゲートウェイ株式会社
======================================================
GMOペイメントゲートウェイ
「節約消費」「巣ごもり消費」で拡大するネットスーパー市場に
 決済サービスを展開
~NEO BEATと、仕様決済・位置情報による配送通知付き
 ネットスーパーシステムを提供~
======================================================




 GMOインターネットグループで非対面クレジットカード等の決済事業を展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コード3769 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)は、「節約消費」「巣ごもり消費」の潮流を受けネットスーパーの需要が高まるなか、対面スーパーを運営する事業者の販売チャネル拡大を目的に、ネットスーパー仕様のクレジットカード決済サービスを提供開始いたしました。

 また GMO-PGは、本日2009年4月7日に、ネットスーパー事業を展開する株式会社NEO BEAT(本社:大阪府大阪市、代表取締役:石那田 諭 以下、NEO BEAT)と提携し、NEO BEATが提供するネットスーパーシステムにネットスーパー仕様のクレジットカード決済サービスを搭載し、共同販売することで合意いたしました。

            ◆ ◆ ◆

【背景と概要】
 ネットスーパーとは、インターネットで注文を受付け、実店舗から消費者のもとへ商品を配送する、インターネット上のスーパーマーケットのことです。家にいながら量販店とほぼ同じように、生鮮食品や生活用品などを即日購入できる利便性が、近年の景気悪化の影響によって外出を控えたり、外食を控えて内食にしたりする、消費者の「巣ごもり消費」「節約消費」といった生活防衛的消費志向に合致することから需要が高まっています。大手スーパーも、相次いでネットスーパーに対応し始め、ネットスーパー市場は急速に拡大しております。
 しかし、ネットスーパーには、長期間保管できない生鮮食品の取扱いや、実店舗との商品連動によって在庫数が流動的なため注文商品に売切れが発生したり、商品の返品や配達時不在によって商品がキャンセルになったりなど特有の問題があり、決済サービスの導入は容易ではありませんでした。

 このような背景を受けて、GMO-PGは、ネットスーパーで生じる売切れや、返品に対応可能なクレジットカード決済サービスを構築し、新たにネットスーパーを開始する事業者に向けて提供いたします。
 また今回、ネットスーパーシステム及び運営ノウハウを持つNEO BEATと提携し、GMO-PGのネットスーパー仕様のクレジットカード決済サービスに加えて、下記のネットスーパー運営に必須のサービスを有するネットスーパーシステムを共同で提供してまいります。

●位置情報サービスによる配送お知らせ・・・位置情報システムを利用して配送の状況を追跡し、お届けする10分前にお客様の携帯電話に自動配信を行うことで不在による不届けを防ぐ

●商圏分析システム(地図情報)・・・店舗周辺の世帯情報を元に会員獲得予測や売上予測をしたり、配送時間を元に配送コストを試算ができる

●基幹連動システム・・・既に導入しているPOS等の商品管理システムとの連動
なお当システムは、GMO-PGとNEO BEATが大手スーパーのイズミヤ株式会社様へネットスーパーシステムを納品した際のシステム構築・提供ノウハウを活かし、新たにネットスーパーを開始する事業者に向けて提供するものです。

【ネットスーパー仕様のクレジットカード決済サービスについて】
 在庫が流動的なネットスーパーで生じる売切れや返品への対応に加え、利用客の利便性にも応えた決済サービスです。

1.配送時決済:商品売切れに対応し、注文時点では仮決済、商品確定後
  配送時に本決済を行います。
2.返品対応:注文後の金額変更を自動化する金額変更処理機能で、返品にも
  対応いたします。
3.キャンセル対応:お客様不在で配達できなかった場合等、決済処理後でも
  商品キャンセルが可能です。
4.ハウスカード利用:GMO-PGが有する40社以上のクレジットカード会社接続の
  実績を活かし、5大ブランド(※1)以外のハウスカードでも利用が可能です。
  例えば既に同システムを導入しているイズミヤ株式会社においては、
  ハウスカードであるイズミヤカードをご利用されています。

※1:VISA,MasterCard,JCB,AmericanExpress,DinersClub

【今後の見通し】
 2009年のネットスーパー市場は前年比25%増の284億円になると予測されております(※2)。ネットスーパーの利用習慣を身に付けた消費者は、その利便性から景気環境によらず、今後も利用し続けることが予想され、また少子高齢化や女性の社会進出などにより、家へ商品を配達してくれるサービス形態の需要は、ますます増加することが見込めます。GMO-PGはNEO BEATとの共同提供で、まずは今年度中に新規参入10社へのネットスーパーシステムの提供を目指します。
 またGMO-PGは、今後もさらに拡大し続けるネットスーパー市場において、ネットスーパー仕様のクレジットカード決済サービスを展開してまいります。
※2:株式会社富士経済「食品デリバリー市場の実態と将来展望 2009」(2009年3月10日発表)

■GMOペイメントゲートウェイ株式会社 URL:リンク
 GMO-PGは、インターネットショップなどの非対面販売型の事業者、CATVやNHKなど月額料金課金型の事業者、並びに社会保険庁や東京都など公的機関等に、クレジットカードをはじめとした決済処理サービスを提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。

■株式会社NEO BEAT URL:リンク
 NEO BEATは、スーパーを初めとした小売業者に、生鮮食品や生活日用品をインターネット経由による注文で即日配達できるネットスーパーシステムを提供しております。ビジネスシーンで必要な様々なデザインワークとシステム構築運用を行い、お客様のビジネスパートナーとして高いクオリティと付加価値をご提供することを目指しております。

--------------------------------------------
【サービスに関するお問合わせ先】
◆株式会社NEO BEAT
TEL:06-6627-9797 FAX:06-6627-9796
E-mail:info@neobeat.co.jp
--------------------------------------------
【報道関係お問合わせ先】
◆GMOペイメントゲートウェイ株式会社 経営企画室
TEL:03-3464-0182 FAX:03-3464-2477
E-mail:ir@gmo-pg.com

◆GMOインターネット株式会社
グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611
E-mail:pr@gmo.jp
--------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOペイメントゲートウェイ株式会社 会社概要】
会社名GMOペイメントゲートウェイ株式会社 < リンク>
(東証一部 証券コード:3769)
所在地東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号渋谷スクエアA
代表取締役社長相浦 一成
事業内容  ■クレジットカード等の決済処理サービス及び付帯するサービス
資本金6億5,524万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名GMOインターネット株式会社 
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長熊谷 正寿
事業内容  ■WEBインフラ・EC事業
      ■インターネットメディア事業
資本金12億7,683万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp/

関連情報
http://www.gmo-pg.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事