logo

アドライト、工事進行基準対応の実態アンケート調査を開始

経営コンサルティングの株式会社アドライト(東京都港区)は、2009年4月以後開始の事業年度より原則適用となる工事進行基準について、企業の対応状況についての実態調査を開始する。
「工事契約に関する会計基準」によると、受注制作のソフトウェアを含む工事契約につき、成果の確実性が認められる場合には原則として工事進行基準を適用しなければならない。
ただし、工事進行基準の適用のためには高度なプロジェクト管理体制が必要になるため、今年2月には情報サービス産業協会(JISA)より日本公認会計士協会に対して「中小企業に工事進行基準の一律適用は不適切だ」との提言がなされるなど、実務上の対応について戸惑いの声も少なくない。
そこでアドライトは、対象となる企業に対してのアンケート調査により、各社の対応状況を広く調査する。調査概要は以下のとおり。

● 調査プロジェクト名:『工事進行基準の対応状況に関する実態調査』
● 主催:株式会社アドライト(リンク
● 調査対象企業:「工事契約に関する会計基準」の対象となる企業
● 第一次アンケート調査期間:2009年4月6日(月)~2009年4月17日(金)
● 調査方法:ウェブサイト上でのオンライン回答
● 調査結果の公表:概要につき順次公表予定
● 回答URL:リンク

同社は、昨年7月より先行して工事進行基準への対応コンサルティングサービスを本格的に開始。
また、工事進行基準をテーマにした共催セミナーや講演活動を開催し、 のべ500社以上が参加するなど、工事進行基準における対応について積極的に取り組んできた実績をもつ。

アンケート調査への協力企業には、
『アンケート調査結果についての解説レポート(約10ページ、PDF形式)』
『工事進行基準への実務対応のポイントをまとめたブックレット(約20ページ、PDF形式)』
を無償で提供する。

「工事契約に関する会計基準」の対象となる企業は、ウェブサイト上より各項目に回答し送信することにより、アンケート調査への参加ができる。
調査結果の概要については、順次公表を予定している。


■本リリースへの問い合わせ先
株式会社アドライト(担当:後藤)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-21 葺手第2ビル3階
TEL:03-5408-7763(平日10:00-18:00)FAX:03-5408-7764
MAIL:info@addlight.co.jpURL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事