logo

RIA開発機能を強化し、SaaSプラットフォームへと進化する 次世代の統合アプリケーション開発ツール Magic uniPaaS® 4月21日より発売開始

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:石垣清親 本社:東京都渋谷区代々木、以下マジックソフトウェア・ジャパン)は、統合アプリケーション開発ツール“Magic eDeveloper”シリーズの後継製品、『Magic uniPaaS』(マジック ユニパース)の販売を、4月21日(火)より開始いたします。

<<2つの業界初>>
Magic uniPaaSは、ひとつの開発パラダイムでRIA(Rich Internet Application)のクライアントおよびサーバの両方を統合開発することができる業界初めてのツールです。Magic uniPaaSで開発された単一のMagicプロジェクトは、自動的にクライアントとサーバのパーティショニング(分離)が行われ、さらにクライアント側の配布・更新はすべて自動で行われます。

もうひとつの業界初は、ハイブリッドな実行能力です。様々な実行モード(デスクトップ、クライアント/サーバ、HTMLウェブアプリケーション、非ブラウザベースRIA)を、一つのアプリケーション・メタデータと開発プロジェクトの中に定義することができます。
ユーザは、RIAシステムと、クライアント/サーバ・システムのどちらにも、アプリケーションを書き換えることなくスムーズに移行することができます。

<<自由な選択肢とビジネス機会を提供>>
Magic uniPaaSを利用するビジネスユーザは、アプリケーションをどのように実行、利用するかについて、幅広い選択肢を得ることになります。

* フル・クライアントか、Webか、RIAか
* ユーザによる導入・運用(on-premise)か、サービス利用(on-demand)か
* ローカルか、グローバルか

Magic uniPaaSは、過去のMagicアプリケーション資産を.NETベースのRIAアプリケーションに移行するコンバータを装備しております。10年以上前に開発されたMS-DOSアプリケーションであっても、 .NETが提供するパワフルでリッチなアプリケーションに拡張できます。

MagicアプリケーションのユーザやISVは、サービスやソフトウェア製品をRIAやSaaS(Software as a Service) アプリケーションに、低コスト/低リスク、しかも短期間のうちに発展・展開することができます。

<<Mobile RIAへのシームレスな移行>>
今秋リリース予定の次期バージョンでは、Magic uniPaaSのパワフルなRIA開発機能を、Windows Mobileに拡張します。Windowsベースアプリケーションのメタデータ定義をそのままMobile RIAに移行することが可能になるため、スマートフォンやハンディーターミナルなどで動作する、本格的なビジネスアプリケーション開発が飛躍的にスピードアップします。

<<SaaSプラットフォームへの進化>>
Magic uniPaaSの追加製品として、SaaSモデルで提供されるアプリケーションのための、管理・モニタリング機能を開発中です。本年後半にリリースを予定しております。
製品名(コードネーム):uniPaaS AppVisor (ユニパース アップバイザー) 主な機能

o アプリケーションレベル マルチテナント管理
o ロードバランシング、サーバ・フォールトトレランス
o 動的なサーバ配置
o セキュアなユーザ管理
o テナント利用状態モニタリング

<<ソフトウェア開発環境展(SODEC)に出展します>>
Magic uniPaaSは、5月13日~15日 東京ビッグサイトで開催されるソフトウェア開発環境展に出展いたします。
マジックソフトウェア・ジャパン株式会社 展示ブース 小間番号:東18-2(12小間)


本件に関するお問い合わせ先

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社 担当:マーケティング部 渡辺
TEL: 03-5365-1648(直通)  FAX : 03-5365-1690
E-mail:twatanabe@magicsoftware.com
Magic uniPaaS、Magic eDeveloper、Magic jBOLTはマジックソフトウェア・ジャパン株式会社の登録商標です。

用語解説

【マジックソフトウェア・ジャパンについて】
イスラエルの最大のソフトウエアグループであるEmblaze / Formula Groupに属する、マジックソフトウェア・エンタープライゼスの100%出資による日本法人です。統合アプリケーション開発ツールである「Magic eDeveloper」、「Magic uniPaaS」と、ノンコーディング システム・データ連携ツール「Magic jBOLT」の販売を核に、さまざまなソリューションの提案、販売、サービスの提供を行っています。
「Magic eDeveloper」はマジックソフトウェア・エンタープライゼスが開発した、ビジネスアプリケーション開発分野において20年の経験と実績に裏付けられた、高生産性・高メンテナンス性を誇る統合開発環境です。日本国内の約2万5千の企業で累計50万本(クライアントベース)の導入実績があります。

  現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国約1,000社のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。
マジックソフトウェア・ジャパン株式会社に 関する詳細は、リンク でご覧いただけます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事