logo

ジャパン ケーブルキャストとSo-net ケーブルテレビ局 「コミュニティチャンネル」 の広告枠をアドネットワーク化する広告商品 『Cable AD Connection』 スタート

ジャパン ケーブルキャストとSo-net
ケーブルテレビ局 「コミュニティチャンネル」 の広告枠をアドネットワーク化する
広告商品 『Cable AD Connection』 スタート
~全国のケーブルテレビ視聴者へリーチする新たなネットワーク広告~


 ジャパン ケーブルキャスト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相坂吉郎、
以下:ケーブルキャスト)とソネットエンタテインメント株式会社(本社:東京都品川区、
代表取締役社長:吉田憲一郎、以下:So-net)は、全国各地のケーブルテレビ局が、それぞれに
展開する地域情報チャンネル「コミュニティチャンネル」の広告枠をアドネットワーク化した、
新しい広告商品『Cable AD Connection (ケーブルアドコネクション)』を、4月1日(水)より
提供開始いたします。

 「コミュニティチャンネル」は、各地のケーブルテレビ局による自主制作チャンネルで、放送
デジタル化に伴い、近年新たなメディアとして注目されています。地域色豊かな生活情報が
視聴者の人気を集める一方、広告ビジネスの観点では、放送エリアが細分化され、視聴可能世帯数も
限られていることから、大手広告主の出稿獲得に結びつきにくいという課題も見受けられました。

 『Cable AD Connection』は、参加ケーブルテレビ局の「コミュニティチャンネル」上の広告枠を
束ねて同時に広告配信を行う新商品で、ケーブルテレビ局は、自社広告枠がネットワーク化
されることで全国規模のメディアへと広告価値を高め、同時に広告営業活動の効率化も図る
ことが可能です。
広告主にとっても、一つのメディアネットワークに出稿するだけで、全国に多数あるケーブルテレビ局
に、一斉に広告を展開できるというメリットがあります。

ケ ーブルキャストとSo-netは、共同事業として『Cable AD Connection』を提供します。
ケーブルキャストは、「JC-HITS」「JC-data」サービスを提供する全国150以上のケーブルテレビ局を
はじめとした強固なコミュニケーション力を活かし、ケーブルテレビ局への営業活動を担当いたし
ます。So-netは、現在注力しているアドネットワーク事業の一環として、これまで広告事業で
築いてきたノウハウを活かした広告主への営業活動を担当いたします。


〔ジャパン ケーブルキャスト株式会社〕
 2002年10月設立。全国のケーブルテレビ局に、CSチャンネルの映像、音声、データ配信を行う
ネットワークサービス「JC-HITS」及び、デジタルコミュニティチャンネル向けデータ放送アプリ
ケーション「JC-data」を供給。放送サービスのデジタル革新の中、ケーブルテレビ局に対して最も
有効なソリューション提案を行うパートナーとしての役割を担うことに注力している。

〔ソネットエンタテインメント株式会社〕
1996年1月、ソニーグループのISP(インターネット・サービス・プロバイダー)として、「So-net」の
名称でインターネット関連サービスをスタート、接続事業とポータル事業を展開している。会員数は
364万人(2008年12月末)。2008年1月に東京証券取引所第一部上場。「ネットワークエンタ
テインメントの追求」というビジョンのもと、ネットワークを通じた新しいエンタテインメントを
提供し続けることに注力している。


以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。