logo

『転職を考えるエンジニアの動向調査』を公開!

株式会社メイテックネクスト 2009年03月31日 10時00分
From PR TIMES

========================================================================================================================
メイテックグループのエンジニア専門の転職支援会社メイテックネクストが、2008年12月1日から2009年3月18日の期間に一部の登録者へアンケートを実施し、『転職を考えるエンジニアの動向調査』を取りまとめました。
~不況下でもエンジニアが転職先を選ぶポイントは約9割以上が「仕事内容」~
========================================================================================================================


 正社員技術者を派遣する株式会社メイテック(本社:東京都港区、代表取締役社長 西本甲介 URL:リンク)のグループ会社であるエンジニア専門の転職支援会社メイテックネクスト(本社:東京都品川区、代表取締役社長 米田 洋 URL:リンク)は、このたび「転職を考えるエンジニアの動向調査」について取りまとめましたので、公開いたします。

 昨今の求人マーケットは厳しい環境下ではあるものの、エンジニアが活躍できる太陽電池開発や原子力関連、油田開発等エネルギー関連の開発に携わる採用は各企業ともに積極的であり、また電気自動車やハイブリッド自動車の研究開発、省エネ対策向けの設備機器関連企業も採用は堅調です。
 既存製品の世界的な需要減少が続く今だからこそ、エンジニアにとって次世代製品や環境配慮製品の設計・開発に携わることのできる企業へ転職することは、キャリアアップを目指すひとつの選択肢といえます。


【調査概要】
調査方法  :メイテックネクスト登録者へのアンケート調査
調査対象  :転職を考えるエンジニア   
有効回答数 :計237サンプル
調査期間  :2008年12月1日~2009年3月18日


【調査サマリー】
●本アンケートを実施したエンジニアの属性は、約7割が20代~30代で、経験職種として製品の研究・開発職や機械設計の経験者が多い。

●転職活動は、主にインターネットの転職サイトや転職支援会社を活用している。

●転職先を選ぶにあたって最も重視している点は、「仕事内容」という意見が9割以上と圧倒的。
その背景として、エンジニアの転職においては、不況下にあっても主流を占めるのはキャリアアップ志向。自分の技術を高めていくことに軸足を置いており、これまでに身につけた技術と今後身につけたい技術との積み重ねをイメージできる企業・業務に携わりたいと希望するケースがほとんど。そのため、「仕事内容」を重視するエンジニアが多いものと思われる。

●転職を考えているエンジニアのうち、転職支援会社の仕組みを知っている方は9割以上。

●数ある転職支援会社のうち、初めて登録したのがエンジニア専門の転職支援会社メイテックネクストであるという方は2割に上る。

※詳細は下記URLをご参照ください。
リンク


<本件に関する報道関係の方々のお問合せ先>
株式会社メイテック 広報部/三宅
TEL:03-5413-2633
FAX:03-5413-2622
E-mail:kouhou@meitec.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事