logo

ふくおかフィナンシャルグループ、SASのマーケティング支援ソリューションを採用

ふくおかフィナンシャルグループ、SASのマーケティング支援ソリューションを採用
~顧客ごとに適切なサービス情報を、適切なタイミングで発信するEBMソリューションによりコールセンター機能を高度化 ~



SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下:SAS)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(本店:福岡県福岡市、取締役会長兼社長:谷 正明、以下:ふくおかフィナンシャルグループ)が、グループ行のコールセンター機能強化のため、SASの金融機関向けマーケティング支援ソリューションである「イベント・ベースド・マーケティング(以下 EBM)ソリューション」の採用を決定したと発表しました。

銀行業界においては、取り扱うことができる金融商品がこの数年で格段に多様化しており、顧客のニーズやライフステージに合わせてサービスを提供することが急務とされています。EBMは、顧客の属性情報の変化や取引行動上の変化をタイムリーに検知し、これをニーズ発生の契機(イベント)と捉え、顧客が今、必要とする商品の提案を実現します。

ふくおかフィナンシャルグループでは、以前よりコールセンターやダイレクトメールによるキャンペーンを中心に顧客への提案を行ってきました。従来のキャンペーンは1つ1つ単独で企画・実施されることが多く、一顧客の立場でみた場合、複数のキャンペーンが行われていてもそれらに一貫性と整合性を持たせるように管理することが課題となっていました。また今後、顧客のライフステージや取引特性の変化、そして過去のコミュニケーション履歴などを包括的に捉えることで、顧客ごとのニーズに応じた適切な商品提案を適時に実現し、顧客満足度およびマーケティングの収益向上を図ることが求められていました。

ふくおかフィナンシャルグループでは、このような背景からEBMソリューションの導入を検討した結果、既存のSASの情報系分析基盤との連携、設計の柔軟性、高度な顧客セグメント分析の3点を評価し、SASのEBMソリューションの採用を決定しました。

SASのEBMソリューションは、株式会社ブレイニーワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長 竹内 英昭、以下ブレイニーワークス)のコールセンター・システムと連携して導入・構築され、2009年5月の稼働を予定しています。SASのEBMソリューションはブレイニーワークスの「e-MARKETBRAIN コンタクトセンター Premium」との連携により、ダイレクトバンキングのためのコールセンターにおけるインバウンド業務およびアウトバウンド業務を最適化することで、収益力向上を支援します。また今後、SASのEBMソリューションはコールセンターに加えて営業店などとの連携を計画しており、複数チャネルを横断してマーケティング活動を最適化することによる収益向上支援を行う予定です。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、企業の戦略を支えるインテリジェンスを提供するソリューションとサービスのリーディング・カンパニーです。SASのソフトウェアは全世界の45,000サイトで採用されており、データから企業のパフォーマンスを向上させるインテリジェンスを創出し、より迅速で正確な意思決定、顧客やサプライヤーとの有益な関係構築、公的規制へのコンプライアンス、研究開発の促進、そして製品やプロセスの品質向上などに利用されています。SASは、データ統合、インテリジェンス・ストレージ、最先端のアナリティクス、ビジネス・インテリジェンスのアプリケーションを1つの統合エンタープライズ・インテリジェンス・プラットフォームで提供する唯一のベンダーです。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を全世界の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万名、日本法人 約210名(リンク
*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事