logo

SASのEBMソリューションをインテックの金融機関向け営業支援システムのオプションとして提供開始

SASのEBMソリューションをインテックの金融機関向け営業支援システムのオプションとして提供開始
~質の高いコンタクト支援情報に基づいた顧客対応を支援~



SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下:SAS)は、株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役執行役員社長 金岡 克己、以下:インテック)が、同社の金融機関向け営業支援システム(以下、F3(エフキューブ)※1営業支援システム)に、SASの金融機関向けマーケティング支援ソリューションである「イベント・ベースド・マーケティング(以下 EBM)ソリューション」を実装し、オプション提供を開始すると発表しました。

顧客属性情報、購買商品、購買行動などの変化は、顧客の持つニーズの発生や離反の予兆を示唆しています。SASのEBMソリューションでは、こうしたさまざまな変化を「イベント」として捉え、そこから推測される顧客行動に先回りして手を打つことで、戦略的マーケティング活動を実現します。これにより金融機関は、顧客のニーズに対し、適切なタイミングで適切なサービスを提供することが可能となります。従来のデータベースを活用したマーケティングでは対応することが難しかった「タイミング」の要素をマーケティング活動に取り入れることにより、金融機関のマーケティングROI(投資対効果)の飛躍的な向上を支援します。SASのEBMソリューションは、横浜銀行をはじめ、メガバンク、地方銀行での採用実績を有しています。

このたび、国内金融機関において多数の実績・定評のあるインテックのF3(エフキューブ)営業支援システムに、実績あるSASのEBMソリューションをオプション提供することを実現しました。これにより、EBMのメリットをより安価に、また投資計画に応じて段階的に提供することが可能となります。EBMソリューションが、顧客とのコンタクトに有効な支援情報(いま対話を始めるべき顧客が誰で、どのような内容の対話を行うべきか)を科学的に分析・生成し、エフキューブと連携します。質の高いコンタクト支援情報に基づいた顧客対応によって、金融機関は、営業効率の向上といった収益面のみならず、顧客との良好で長期的な関係の構築・維持といったメリットを享受できるようになります。

SASのEBMを実装したF3(エフキューブ)営業支援システムは、インテックより次世代F3(エフキューブ)として提供されます。今後、SASはインテックと共同でプロモーション活動を実施し、特に地方金融機関をターゲットとした営業活動を展開していく予定です。



<SAS Institute Inc.について>
SASは、企業の戦略を支えるインテリジェンスを提供するソリューションとサービスのリーディング・カンパニーです。SASのソフトウェアは全世界の45,000サイトで採用されており、データから企業のパフォーマンスを向上させるインテリジェンスを創出し、より迅速で正確な意思決定、顧客やサプライヤーとの有益な関係構築、公的規制へのコンプライアンス、研究開発の促進、そして製品やプロセスの品質向上などに利用されています。SASは、データ統合、インテリジェンス・ストレージ、最先端のアナリティクス、ビジネス・インテリジェンスのアプリケーションを1つの統合エンタープライズ・インテリジェンス・プラットフォームで提供する唯一のベンダーです。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を全世界の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万名、日本法人 約210名(リンク

<株式会社インテックについて>
インテックは1964 年創立の独立系総合IT 企業です。IT コンサルティング、システムインテグレーション、ソフトウェア、アウトソーシング、ネットワークを柱に、製造、流通・サービス、金融、行政、医療などさまざまな分野のお客さまに最適なトータルサービスを提供しています。経営戦略に沿った情報化戦略の立案から、情報システムの設計・開発、ネットワークの構築や基盤システムの運用保守まで、お客さまのITパートナーとして幅広く事業を展開しています。( リンク

※1「F3(エフキューブ:Flexible Financial Frontier)」について
インテックが提供する、金融機関向け総合情報系システムの総称です。
CRM(Customer Relationship Management)システム、SFA(Sales Force Automation)システム、コールセンターシステムなどを、業務機能の体系化と業務単位のコンポーネント化で合理的なシステム導入と拡張性を実現した、金融機関様向け「統合型CRM システム」です。インテックはF3(エフキューブ)シリーズをすでに90社以上の金融機関に提供しております。
F3(エフキューブ)営業支援システムでは豊富な導入実績と確かな技術および業務ノウハウの蓄積により、情報の一元管理およびリテール営業推進支援を目的とした業務の効率化と高度化を実現しております。

※SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事