logo

個人認証とアクセス管理はCAGR29%で成長

インドの調査会社RNCOS社は出版レポート「個人認証とアクセス管理(IAM)市場調査:市場概況、将来予測、関連企業情報 - Identity and Access Management Market Forecast to 2012」のプレスリリースにおいて、世界レベルで様々なIAM技術が急速に成長し、プロビジョニングは世界のIAM市場収益の約55-60%を占めるという見通しを発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
企業や機関のITシステムへの脅威に関する認識が高まり、個人や企業、政府機関の、ハッカーの侵入防御に関する事件が増加して、セキュリティ技術に対するIT投資の比率が急速に成長している。IAM(個人認証とアクセス管理)は最も急速に成長しているITセキュリティ技術である。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「個人認証とアクセス管理(IAM)市場調査:市場概況、将来予測、関連企業情報 - Identity and Access Management Market Forecast to 2012」は、世界中で企業機密の漏洩やなりすましが増加し、企業は個人認証とアクセス管理を採用せざるを得なくなっていると報告している。

「データ入力から高度のデータ処理まで、あらゆる企業においてITやネットワークの利用が拡大し、未承認のデータ接続や誤用が企業や機関に影響を与えるリスクが高まっている。IAM技術を正しく適用すれば、企業のデータを内部や外部のデータ漏洩などから、確実に守ることができる」とインドの調査会社RNCOS社のシニアアナリストは語る。

この調査レポートは、世界レベルで様々なIAM技術が急速に成長し、プロビジョニングは世界のIAM市場収益の約55-60%を占めるとしている。ユーザープロビジョニングは、アイデンティティ管理ソフトウェアの一種で、特に様々なシステムで様々な目的のユーザが使用する企業で有効であり、今後数年間でCAGR29%以上の成長が見込まれている。このほかにも急速な成長が見込まれるIAM技術には、Enterprise Single Sign-On (ESSO)や、Privileged User Managementがある。

RNCOS社の調査レポート「個人認証とアクセス管理(IAM)市場調査:市場概況、将来予測、関連企業情報 - Identity and Access Management Market Forecast to 2012」は、世界の個人認証とアクセス管理市場について幅広く調査、分析している。現在の、ITが促進している企業環境に必要不可欠なIAM技術について調査し、Windows、UNIX、Linuxのそれぞれの運用環境でのIAM市場を洞察している。
この調査レポートの予測は複雑な経済モデルに基づくものではなく、過去の市場成長と基本的な牽引要因の基づいて市場の方向を示すものである。

【調査レポート】
個人認証とアクセス管理(IAM)市場調査:市場概況、将来予測、関連企業情報
Identity and Access Management Market Forecast to 2012
リンク

[RNCOS社について]
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。