logo

iPhoneで撮影した写真をワイヤレスでパソコンに保存 iPhone用Eye-Fiアプリを提供開始 ~オンライン写真サービスにも自動アップロード~

アイファイジャパン株式会社 2009年03月12日 19時12分
From PR TIMES

 アイファイジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:田中大祐、以下:アイファイジャパン)は、このたび、iPhoneで撮影した写真をパソコンやオンライン写真サービスに転送するiPhone用のアプリケーション(アプリケーション名称:「Eye-Fi」)を無料で提供開始*1いたしました。

 また、今回のiPhone用アプリケーションの提供に伴い、一つのEye-Fiアカウントによる複数カードの管理機能も追加されました。Eye-Fiユーザーはパソコン上から利用中のEye-Fiアカウントを使って、iPhoneとその他複数のEye-Fiカードを一元管理できるようになります。


 iPhoneにアプリケーションをインストール*2することで、iPhoneで撮影した写真を無線LANや3Gの回線を通してあらかじめ設定したパソコン上のフォルダに取り込むことが可能となります。Eye-Fi Inc.創業者のYuval Korenはその主なメリットとして、「1. iPhoneをEye-Fiカードが挿入されたデジタルカメラと同じように利用することができる。2. ケーブル接続なしで簡単にiPhone上の写真をパソコンやオンライン写真サービスに保存することができる。」といった2点を挙げています。

 なお、本アプリケーションは未送信管理する機能やアップロード履歴の確認機能も備えているため、iPhone上で写真の保存が正しく完了したかを確認することができます。

 アイファイジャパンは今回のアプリケーションのリリースにより、Eye-Fiの利便性が、携帯電話で写真を撮影することが生活の一部となっている日本のユーザーにも支持され、国内におけるEye-Fiと携帯電話の連携の可能性を広げるきっかけになれば良いと考えています。


*1 ただし利用するには、Eye-Fiカード(アイファイジャパン株式会社の提供する、無線LAN内蔵SD型メモリカード)を購入し、ユーザーアカウントの取得が必要となります。
*2 App Store内、Eye-Fiアプリケーションのインストール方法
リンク




■「Eye-Fi」iPhone用アプリケーションの特徴

1.iPhoneから、パソコンやオンライン写真サービスへの画像自動転送が可能
  iPhoneで撮影した画像をEye-Fiが連携しているオンライン写真サービスへと自動アップロード。さらにEye-Fi Managerをインストールしているローカルのパソコンへも転送できます。
  ユーザーは、iPhone上の写真をパソコン上に取り込むためにUSBケーブルの接続をしたり、メールに添付し転送するなどの手間を省くことができます。
2.位置情報表示機能
  iPhoneが付加した位置情報により、どこで撮影したかの足跡を表示することが可能。パソコンやアプリケーション上で転送された写真の送信履歴を表示すると、撮影場所が一目で分かります。
3.画像アップロード履歴の自動更新
  アップロードの履歴を自動的に更新。アップロードが済んでいるかどうかを記憶し、未送信の写真のみを選択・転送することが可能になります。


■Eye-Fiカードについて

商品名:  Eye-Fi Shareカード  
容量:    2GB
機能:   ・画像をパソコンへ自動保存(無線LAN経由)
      ・画像をオンライン写真サービスへ自動アップロード
      ・アップロード状況のメール通知機能
価格:    実勢価格9,980円・税込み
販売方法:  オンラインストアのみでの受付

【会社概要】
名称:    アイファイジャパン株式会社
創業年:   2008年
本社所在地: 東京都渋谷区渋谷2-12-24
WEB:     リンク
事業内容:  米国Eye-Fi社の製品の日本国内での販売業務及びサポート 
       Eye-Fiカードを活用したビジネスモデルの開発

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事