logo

電源管理はおまかせ。高性能ネットワークUPSボード 新登場!

株式会社ユタカ電機製作所 2009年03月03日 15時00分
From PR TIMES

独自OSシャットダウン、SSHv2対応で導入しやすく、パフォーマンスも15倍
監視ソフトウェア不要「ネットワーク対応UPSソリューションボード」を新発売



株式会社ユタカ電機製作所(所在地:東京都品川区西五反田7-25-5,代表取締役社長
:倉橋 義孝)は、UPS監視ソフトウェアを使用せず、UPS(無停電電源装置)に接続
された最大64台のコンピュータをネットワーク経由で安全にシャットダウンさせ、また、
スクリプト設定によりUPSを自動起動・自動終了などができる、ネットワーク対応UPS
ソリューションボード「Advanced NW Board」を2009年2月より発売を
開始した。価格は68,040円(税込)。初年度3,000枚の販売を見込む。

リンク

同社は、従来UPS監視ソフトウェアをインストールしたコンピュータを介さないとでき
なかったUPSの設定・制御・監視・状態表示・記録・ネットワーク通信など高度で多彩な
管理機能をUPS本体側に持たせるオプションボードを業界に先駆けて開発してきた。

今回発売する「Advanced NW Board」は、SSHv2に対応しており万全の
セキュリティが要求されるシステムへの導入が容易にでき、搭載するCPUは、Mips系
400MHzで同社製既存品のSNMP WEB BOARDに比べ、スクリプト数が16組から
64組になり、パフォーマンスも15倍増強されたのでストレスなく実行できる。

「Advanced NW Board」を搭載したUPSは、TELNET,SSHでログイ
ンできるコンピュータならOSの制約が無く、OSに対応するUPS監視ソフトウェアも不
必要だ。独自OSサーバのシャットダウンに対応でき、UPS監視ソフトウェアを全てにイ
ンストールする必要があった1Uサーバ、ブレードサーバの設定作業をWebブラウザから
GUIベースで行うことができるので大幅に簡易化することになる。また、今まで困難だっ
たハブ、ルーター、レイヤースイッチなど通信機器の遠隔からの電源切断・再投入ができる。
さらにバックアップ対象のコンピュータがダウンしている場合やUPSが停止している場合
でもボード自体は動作しており、異常時にはイベントを発行し、自動メール送信するので、
安定性、継続性の確保にも寄与する。

「Advanced NW Board」は、UPSに自律的で安全・安心な最適電源管理機
能を持たせる最強のソリューションだ。

[製品仕様]
【ハードウェア】
●CPU:Mips系 400MHz
●インターフェイス:Ethernet:100BASE-TX/10BASE-T 全二重オートネゴシエーション対応、
USBポート×1
●サイズ:100(幅)×25(高さ)×110(奥行)mm
●重量:約75g
●動作温度:0~55℃
【対応OS】
●TELNET、SSHv1、SSHv2でログインできるOS
【対応UPS】
●Hyper Fシリーズ、Hyper-Sシリーズ、Hyper Proシリーズ                
【機能】
●UPSの監視、制御などをネットワークを通して管理する機能をUPS自体に搭載できる
●UPSを管理するコンピュータや監視ソフトウェアが不要になる
●ブラウザよりダイレクトアクセスしての設定・管理などが可能。
●最大64台の装置をスクリプトにより制御可能。同時実行20組
●スケジュール機能
●ネットワーク上のUPSの入力電圧、バッテリ寿命、出力状態を一元管理
●接続されているUPSがシャットダウン後にUPSを停止
●ユーザ認証、SSH対応のセキュリティ機能
●異常発生時や設定制限値を超えた場合にイベント発行
●イベント発行時のメッセージ機能
※その他詳細な機能はお問い合わせください。

[この文書に関するお問い合せ先]
株式会社ユタカ電機製作所 国内営業部(広報) 松本
TEL:03-5436-2778(ダイヤルイン),marketing@mail.yutakadenki.co.jp

[お客様問い合せ窓口]
株式会社ユタカ電機製作所 国内営業部 東日本営業グループ
フリータ゛イヤル:0120-455125(平日 9:00~17:00),リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。