logo

カリプソ、ポートフォリオ管理用プラットフォーム「ガラパゴス」を取得-進化的コンピューティング・プラットフォームにより、フロント・オフィスの分析・リスクマネジメント能力を強化-

San Francisco, Feb 26, 2009 - (JCN Newswire) - 金融機関向けの統合型トレーディング・アプリケーションを提供するカリプソ・テクノロジー(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、東京:千代田区、以下、カリプソ)は本日、英国のソフトウェア企業、コードファーム社のポートフォリオ構築・管理プラットフォーム、「ガラパゴス」を取得したことを発表しました。

San Francisco, Feb 26, 2009 - (JCN Newswire) - 金融機関向けの統合型トレーディング・アプリケーションを提供するカリプソ・テクノロジー(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、東京:千代田区、以下、カリプソ)は本日、英国のソフトウェア企業、コードファーム社のポートフォリオ構築・管理プラットフォーム、「ガラパゴス」を取得したことを発表しました*。

「ガラパゴス」は、極めて長い年月を費やして開発されたアプリケーションで、ストラクチャード・クレジット市場の抱える「最適化」という課題に対するソリューションを提供します。進化的・遺伝的アルゴリズムとして知られる同アプリケーションの概念を活用することで、アレンジャー、マネージャー、リスクのプロ、投資家は、リスクとリターンの効率的フロンティアの追求が可能となります。「ガラパゴス」のサービスは、既に数多くの主要金融機関のフロント・オフィスで利用されていますが、カリプソは「ガラパゴス」を既存の自社商品やサービスに活用するとともに、引き続き資本市場におけるアプリケーションの拡大を目指していきます。

コードファーム社の創立者であるジェレミー・マビットは、新たに設立されるガラパゴスのビジネスを統括する部門のテクノロジー担当バイス・プレジデントに就任します。また、ジョン・ムーレンとスティーブ・ギブソンは、営業担当のゼネラル・マネージャー、バイス・プレジデントにそれぞれ任命されました。なお、「ガラパゴス」の研究開発拠点は、引き続き英国ブライトンにあるコードファーム社の本社内に置かれます。

カリプソ・テクノロジーの会長兼 CEO のチャールズ・マーストンは次のように述べています。「『ガラパゴス』がカリプソのポートフォリオに加わったことを高く評価しています。本件には明確なシナジー効果があり、双方の従業員の文化的な融合だけでなく、両社の強みを活かすことで、特にリストラクチャリングやクレジット市場における資本リスクの効果的な緩和をもたらす画期的なソリューションを構築していくことができます。また当社では、『ガラパゴス』のユニークな進化計算テクノロジーが、カリプソのあらゆるトレーディングおよびリスク管理のプラットフォームに合致していると判断しました。カリプソはこれからもこの進化するテクノロジーを最大限に活用し、拡大していく所存です」。

「ガラパゴス」の営業担当ゼネラル・マネージャーに就任したジョン・ムーレンは次のように述べています。「カリプソの戦力に加わることができ、大変光栄に思います。カリプソはガラパゴスのサービスや市場について造詣が深く、両社は既に『ガラパゴス』の市場拡大を見据えた展開に着手しています」。

*本買収の詳細については明らかにされていません。

カリプソ・テクノロジーについて
カリプソ・テクノロジーは、金融機関向けの統合型トレーディング・アプリケーションを提供するグローバルなアプリケーション・ソフトウェア・プロバイダです。トップ 10 の銀行のうちの 7 行を含む、90 社以上の顧客に、デリバティブおよびトレジャリー商品向けの業界初の統合アプリケーションであるカリプソのトレーディングおよびリスク管理プラットフォームが採用されています。400名超の従業員は金融機関および情報技術産業におけるエキスパートで構成され、15,000を超えるユーザーに革新的製品ときめ細やかなサービスを提供しています。詳細は リンク をご覧ください。* カリプソは米国、EUおよび他の諸国におけるカリプソ・テクノロジーの登録商標です。

本資料は2月 26日(米国時間)に発表されたプレスリリースの翻訳版です。

<この件に関するお問合せ先>
カリプソ・テクノロジー株式会社
フィールド・マーケティング・マネージャー
イヴァン・フェーブル
電話: 03-5214-1800

クレアブ・ギャビン・アンダーソン
深草、笠原
電話: 03-5404-0640

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。