logo

インデックスの「Edy」を活用したポイントサービス『E-Point Collection エポコレ』を、ドラッグストアの「ドラッグユタカ」が導入

●3/1から実施する“「Edy」ギフトトクトク還元キャンペーン”で展開

株式会社インデックス(代表取締役社長: 小川 善美 本社: 東京都世田谷区 以下 インデックス)は、ドラッグストア「ドラッグユタカ」を展開する株式会社ユタカファーマシー(代表取締役社長: 高木 裕 本社: 岐阜県大垣市)と、「Edy(エディ)*1」の加盟店開拓やコンサルティングなど、「Edy」普及のサポートを進めるジャパンエリアコードTV株式会社(代表取締役社長: 小栗 徳丸 本社: 愛知県名古屋市中区)と、共同で、インデックスがサービス展開する、電子マネーサービス「Edy」に対応した「Edy」対応ポイントシステム『E-Point Collection (以下、エポコレ)』を、「ドラッグユタカ」に導入します。

2009年3月1日から2010年2月末日までの1年間「ドラッグユタカ」で実施する“「Edy」ギフト*2トクトク還元キャンペーン”において展開されます。


「Edy」ギフトトクトク還元キャンペーンについて
「ドラッグユタカ」では、『エポコレ』を活用して、「Edy」を利用する新規顧客の獲得と来店促進、優良顧客の満足度向上を図り、顧客のロイヤリティを高めることで売上の向上を目指していきます。

● キャンペーン概要
キャンペーンサイトであらかじめお持ちの「Edy」カードで登録をしたユーザーが、「ドラッグユタカ」の「Edy」導入店で「Edy」をご利用いただくと、ご利用金額に応じて「Edy」ギフト*2をプレゼントします。

キャンペーン名: 「Edyギフトトクトク還元キャンペーン」
利用可能店舗: ドラッグユタカ 「Edy」導入店
実施期間:    2009年3月1日~2010年2月末日(1年間)
「Edy」ご利用額合計と還元率
[ゴールドランク] 30,001円以上で、ご利用金額の9%還元
[シルバーランク] 10,001円以上30,000円以下で、ご利用金額の6%還元
[レギュラーランク] 5,000円以上10,000円以下 で、ご利用金額の3%還元

● ドラッグユタカについて
豊富な品揃えと安心価格、地域ニーズに対応する商品を幅広く揃え、地域の“オンリーワンストア”を目指して、ドミナント戦略のもと、本社のある岐阜、滋賀、京都を中心に8府県で集中的に店舗を展開。2003年2月には、ドラッグストア業界最先端のDC型(在庫保有型)の物流センターを建設し、店舗オペレーションコストや時間の削減による効率化をはかり、安定した商品供給体制を確立。理念とシステムを共有するパートナーとの業務提携や合併等の戦略を進め、エリアの拡大により地域密着型から更なる飛躍を目指している。


『エポコレ』について
電子マネー「Edy」を活用したASPポイントサービス『エポコレ』は、インデックスグループで開発した顧客管理サービス(顧客管理、販促情報配信、購買状況分析「Edy」ギフト機能、ポイント顧客還元など)をパッケージ化したものです。

● 『エポコレ』の特徴

・ 指定の「Edy」導入店舗だけで独自のポイントを発行することが可能。
・ 独自のポイントカードの発行が不要。
おサイフケータイ、すでにお持ちのEdyカードをそのままポイントカードにすることができます。
・ ポイントをEdyでキャッシュバックできるから手間要らず。
   店舗で発行したポイントはEdyへ還元できます。(Edy以外に任意の商品も設定可能)


● 『エポコレ』導入メリット

1. ASPサービスにより、大幅なシステム開発コストダウン
高コストのシステム開発費や、サーバ関連費用などを気にすることなく、1店舗から導入可能です。

2. スタンドアロン型「Edy」決済端末の導入で、顧客管理システムを構築
これまで購買履歴と連携した顧客管理を行うためには、「Edy」対応のPOSレジを導入する必要がありました。「Edy」対応顧客管理システムにより、スタンドアロン型「Edy」決済端末のみで、購買履歴と連携した顧客管理が可能になります。

3. 「Edy」決済手段提供と同時に顧客管理・プロモーション機能が利用可能
『エポコレ』は、「Edy」を導入している店舗であれば、顧客管理からプロモーションまで各サービスを簡単に、安価で展開することが可能になります。また、「Edy」の購買履歴を活用することで、継続的なプロモーション活動が可能となり、「Edy」での購入から始まり、会員登録、購買状況などの分析、プロモーションまで継続的に行うことができます。

4. 契約店ごとの特性に合わせた独自のサービス提供が可能
インセンティブの方式を3種類用意し、さまざまな業態に対応可能です。各種インセンティブは、「Edy」ギフトとして顧客に還元することができるため、「Edy」の電子マネー機能をフル活用することができます。独自の還元手段を用意することなくサービスを実現します。


◆ 『エポコレ』PCサイト:リンク


今後の展開
インデックスでは、今後も「E-Point Collection エポコレ」を活用し、各商店街や公共機関、大手流通業者、大規模施設など、地域・施設の活性化に繋がるソリューションサービスの展開を進めます。


*1: 「Edy」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです
*2: 「Edyギフト」とは、ポイントやマイルをEdyに交換したり、キャンペーンの賞品などとしてプレゼントされたEdyを受取るためのサービスです。
*その他、本文中に記載の会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。