logo

SAS Institute Japan、「SAS(R) Business Analytics Framework」の概要を公開

SAS Institute Japan、「SAS(R) Business Analytics Framework」の概要を公開
~「予見力」で複雑な経営課題を解決するフレームワーク~



ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下:SAS)は本日、SASのユーザー企業向け年次イベント「SAS Forum Japan 2009」において、お客様の複雑な経営課題の解決を支援するフレームワーク「SAS(R) Business Analytics Framework」の概要を公開しました。

SASは、企業にとって重要な「見る」「知る」「予測する」を実現し、現在の世界的な不況下においてさらに緊急性の高まるリスク管理、コンプライアンス、コスト管理、利益確保をはじめとする経営課題への的確な対応を支援します。SAS Business Analytics Frameworkでは、SASの業務別・業種別ソリューションを柔軟に複合化し、複雑な経営課題に対して先手を打つ行動につなげる「予見力」を提供することで、苦境を乗り切り、さらに継続的な発展を図る、プロアクティブな企業経営を支援していきます。

米国SAS Institute Inc.の上級副社長 兼 CMO(最高マーケティング責任者)であるジム・デイビス(Jim Davis)は、「SASは、データ管理とビジネスプロセス管理の分野に大きな強みを持っています。企業にとって、すでに保有するデータをBusiness Analytics Frameworkで活用することは、昨今の経済状況においては特に有益となるでしょう。データにもとづいて具体的な経営課題に対応するソリューションは、困難な時期を乗り切る上で不可欠です」と述べています。

<SAS Business Analytics Framework 構成要素>
・ビジネス・ソリューション - 「予見力」によって複雑な経営課題を解決
優良顧客の見極めと囲い込み、法規制への的確な対応、コスト構造の把握とシミュレーションなど、単純な数値集計では導き出せない複雑な経営課題は増していくばかりです。SASは、ソフトウェア、サービス、トレーニング、サポートにより、業務知識を結集したビジネス・ソリューションで経営課題の解決を支援します。
・戦略的情報基盤
Data Integration (データ統合) - 意思決定に必要なデータを整備
企業内の業務システムにさまざまな形式で散在しているデータを集め、全社で一貫した形式に統合し、データの品質を高めます。高度な分析を行う複雑なデータ整備過程を自動化し、迅速かつ低コストで必要なデータを提供します。


Analytics (分析・予測) - 意思決定に必要なデータの分析・予測と活動計画の最適化
データの分析により傾向を明確にし、精度の高い予測モデルを提供。さらに将来のシミュレーションを通じて最適化を実現します。科学的な分析、予測、最適化が、プロアクティブで、より迅速、より良い意思決定を支援します。
Reporting (レポーティング) - 意思決定者に必要な情報を理解しやすく提供
従来ビジネス・インテリジェンスと呼ばれていたテクノロジーを利用し、意思決定者が理解しやすい形に情報を加工して提示します。Reportingは、複雑なデータの整備や高度な分析のプロセスを前提とするため、SASはこれらのプロセスを統合した形でテクノロジーを開発し、提供していきます。


<SAS Institute Inc.について>
SASは、企業の戦略を支えるインテリジェンスを提供するソリューションとサービスのリーディング・カンパニーです。SASのソフトウェアは全世界の45,000サイトで採用されており、データから企業のパフォーマンスを向上させるインテリジェンスを創出し、より迅速で正確な意思決定、顧客やサプライヤーとの有益な関係構築、公的規制へのコンプライアンス、研究開発の促進、そして製品やプロセスの品質向上などに利用されています。SASは、データ統合、インテリジェンス・ストレージ、最先端のアナリティクス、ビジネス・インテリジェンスのアプリケーションを1つの統合エンタープライズ・インテリジェンス・プラットフォームで提供する唯一のベンダーです。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を全世界の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万名、日本法人 約210名(リンク
※SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。