logo

「PoE給電機能付スイッチングハブ」2機種 新発売

ネットワークカメラシステムの導入に最適
ネットワークカメラとの連携を強化した「PoE(注1)給電機能付スイッチングハブ」2機種 新発売


パナソニック電工株式会社の100%出資連結会社、パナソニック電工ネットワークス株式会社(本社:東京都港区 社長:村瀬耕太郎)は、防犯ネットワークカメラの構築に最適な給電機能が有り、高速(ギガポート装備)かつ長距離伝送可能なスイッチングハブ2機種を2009年4月1日より発売します。
 本商品は、パナソニック製ネットワークカメラ(注2)との接続時には、IPアドレスが簡単に設定可能で、また各ポートの接続状態を自動的に検知し、電力消費を必要な分だけに制御する「省電力モード」を搭載した環境にも優しい商品です。


商品名 : Switch-M12PWR
品番 : MN23129K
希望小売価格(税込) : 171,150円
発売日 : 2009年4月1日
販売目標 : 約3,600台/年

商品名 : Switch-M24PWR
品番 : MN23249K
希望小売価格(税込) : 207,900円
発売日 : 2009年4月1日
販売目標 : 約3,600台/年


■ 主な特長

(1) カメラとスイッチングハブの一括設定を実現するIPアドレス簡単設定機能を搭載
(2) 電力消費を必要な分だけに制御する「省電力モード」を搭載
(3) ループ障害を最小限に抑えるBPDU(注3)ガード機能


(注1)PoE : Power over Ethernetの略。データ通信用のLANケーブル(より対線)を使ってネットワーク機器が動作するのに必要なだけの電力を送信するための技術。

(注2)パナソニック製ネットワークカメラ : パナソニック株式会社製「アイプロシリーズ」、パナソニックコミュニケーションズ株式会社製「カメラBBシリーズ」

(注3)BPDU : Bridge Protocol Data Unitの略。ループ状に形成されたネットワーク内で、データが永遠に循環するのを防止するための制御情報。


■ お客様からのお問い合わせ先
 パナソニック電工ネットワークス株式会社 マーケティングセンター
 東京都港区東新橋2-12-7 住友東新橋ビル2号館  TEL:03-6402-5301
 URL リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。