logo

Yahoo!リサーチ、「男性の美容」に関する調査

─────────────────────────────
Yahoo!リサーチ、「男性の美容」に関する調査

おしゃれ・身だしなみとは・・・男性は 「マナー」、女性は「ビューティー」
おしゃれ・身だしなみに気を遣う男性のうち、3人に1人が髪の「つや」「香り」まで配慮

リンク

インターネット定量調査、首都圏在住の20~39歳男女18,492人を対象に実施
─────────────────────────────



<調査結果トピックス>

・ 20~30代男性、おしゃれ・身だしなみに気を遣っている人は
5割以上
・ 男性のおしゃれ・身だしなみは他人に迷惑をかけないための
「マナー」 、女性は「ビューティー」
・ 「香水」「制汗剤」などの“匂い・香り”ケア、男性の3人に
1人が実践
・ おしゃれ・身だしなみに気を遣う男性の3人に1人が髪の「つや」
「香り」まで配慮
・ 男性のヘアケア高意識層は、「ツバキ」など女性向け高級シャ
ンプーの利用率が高め
・ 高級シャンプー購入の男性、6割が「女性向け商品」と認識。
でも恥ずかしさはなし


Yahoo!リサーチを運営するヤフーバリューインサイト株式会社
(本社/東京都中野区、代表取締役社長:田部 信)は、「男性の美
容」に関する調査を2008年12月22日~12月28日、自社調査専用パ
ネルを対象に実施しました。

女性向けのヘアケア市場は、成熟市場でしたが、ひところは
「高級シャンプー戦争」とも称され、新ブランドの投入が相次ぎ
ました。このような女性主導のヘアケア市場における男性の利用
実態や意識などを調査しました。



◇◆◇ 調査結果概要 ◇◆◇

〔1〕 20~30代男性、おしゃれ・身だしなみに気を遣っている人
は5割以上
+-------+------+------+------+------+------+------+
首都圏(1都3県)20~39歳男女における「身だしなみ・おしゃれ」
に対する意識は、「(非常に+やや)気を遣っている」と答えた人
が女性75%、男性51%と、男性でも5割を超える結果となりました。


〔2〕 男性のおしゃれ・身だしなみは他人に迷惑をかけない
ための「マナー」、女性は「ビューティー」
+-------+------+------+------+------+------+------+
 特に気にかけているおしゃれ・身だしなみは、 男性では「体臭
・口臭」(48%)、「髪型・ヘアケア」(47%)、「スタイル・体型」
(46%)、女性では「顔のスキンケア」(65%) 「スタイル・体型」
(55%)、 「髪型・ヘアケア」 (51%)が上位を占めました。髪型
や体型は性別に関わらず気を遣っている点となりましたが、最も
気を遣っているところは男性は「体臭・口臭」女性は「顔のスキ
ンケア」と男女で全く異なる結果となりました。
おしゃれ・身だしなみは、男性にとっては他人に迷惑をかけな
いための「マナー」、女性にとっては「ビューティー」という位
置づけとなる様子です。


〔3〕 「香水」「制汗剤」などの“匂い・香り”ケア、男性の
3人に1人が実践
+-------+------+------+------+------+------+------+
フェイスケア・ボディケア用品の利用率については、「メイク
アップ用品」「化粧水・ローション」「UVケア」「乳液・モイス
チャークリーム」などの化粧・美容関連アイテムでは、やはり男
女差が大きく、いずれも50ポイント以上の差でした。
しかしながら、「制汗デオデラント」「香水」などの匂い・香
り関連アイテムや、「洗顔料」「脂取り紙」などの顔の清潔さを
保つためのアイテムでは比較的男女差が少なく、男性の利用率も
高めの結果となりました。


〔4〕 おしゃれ・身だしなみに気を遣う男性の3人に1人が髪の
「つや」「香り」まで配慮
+-------+------+------+------+------+------+------+
【おしゃれ・身だしなみに気を遣っている人】がヘアケアの中
で気を遣っていることのトップ3は、男性では「頭皮(ふけ・かゆ
み・皮脂など)」 「薄毛・抜け毛」「髪のボリューム」、女性で
は「髪のダメージ」「髪のつや」「スタイリングのしやすさ」と
、男女で全く異なる結果になりました。
一方で、男性の中でも「スタイリングのしやすさ」、髪の「ダ
メージ」「香り」「つや」といった女性並みのケア意識を持って
いる人が3~4割強存在するようです。


〔5〕 男性のヘアケア高意識層は、「ツバキ」など女性向け
高級シャンプーの利用率が高め
+-------+------+------+------+------+------+------+
 おしゃれ・身だしなみに加え、ヘアケアにも気を遣っている
【ヘアケア高意識層】の男性(男性全体の約25%)の利用シャンプ
ーブランドを男性全体と比較すると、「ツバキ」が4位→2位、
「パンテーン」が5位→4位、モッズヘアがランク外→5位と順位が
上がり、逆に「サクセス」が2位→3位、「メリット」が3位→ラン
ク外と下がり、ポイント差は僅かながら順位が大きく入れ替わり、
いわゆる「高級シャンプー」に位置づけられるブランドが上位を
占める結果となりました。
これら高級シャンプーブランドが、「つや」「香り」「スタイ
リングのしやすさ」などを重視するヘアケア高意識層の男性の利
用に結びついている様子がうかがえます。


〔6〕 高級シャンプー購入男性の6割が「女性向け商品」と認識。
でも恥ずかしさはなし
+-------+------+------+------+------+------+------+
  【ヘアケア高意識層】の男性(男性全体の約25%)のうち、高級
シャンプー*を自ら選び購入している男性の購入時の意識は、
『(とても+やや)女性向けの商品だと思った』が59%と過半数に
達する一方、『購入(選択)するときに照れくささがあったか』に
は65%が「(あまり+まったく)当てはまらない」と答えています。
ヘアケア高意識層では、「女性向け」の商品と認識しつつも、特
に照れることなく気軽に購入している男性が多いようです。
しかしながら、男性向けシャンプーの充実度については、「(ま
ったく+あまり)充実していない」という不満の声が4割を超えて
います。これらヘアケアに高意識を持つ男性ならではのニーズを
満たす『男性用高級シャンプー』の商品開発が待たれるところか
もしれません。
*「高級シャンプー」=ここではラックス、ツバキ/白ツバキ、パ
ンテーン、アジエンス、ヴィダルサスーン、モッズ・ヘアと定義


※詳細はこちらよりご覧下さい
リンク
─────────────────────────────
<調査概要>
・調査目的 :男性のヘアケアに対する意識とヘアケア高意識層
における利用ブランドを把握する
・調査方法 :インターネット定量調査
・対象条件 :首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住
20~39歳の男女
【予備調査】首都圏在住 20~39歳の男女 18,492人
【本調査】 首都圏在住 20~30歳の男女で
ヘアケア高意識層 400人
・対象割付 :【予備調査】割付なし
       【本調査】 性年代10歳きざみ 各セル100サンプル
均等割付
・実査時期 :【予備調査】2008年12月22日(月)~12月25日(木)
【本調査】 2008年12月26日(金)~12月28日(日)

<関連調査>
「ヘアスタイリング」に関する調査 (2007年6月12日):
リンク
「シャンプー」に関する調査 (2006年9月7日):
リンク
「高級ブランド」に関する調査 (2007年3月20日):
リンク

<Yahoo!リサーチ テーマ別ソリューション、調査・分析手法>
ブランド戦略 :リンク
生活者行動分析:リンク
ポジショニング:リンク

上記は一例です。この他にもマーケティング課題やプロセスに応
じた多彩なソリューション、調査・分析手法をご用意しています。

─────────────────────────────
◇ヤフーバリューインサイト株式会社について
─────────────────────────────
「市場の生活者ニーズを捉え、マーケティング課題を解決し、
企業の成長に貢献する価値を提供すること」、それが私たちの使
命です。ヤフーバリューインサイト株式会社は、マーケティング
リサーチのリーディングカンパニーとして、国内最大級かつ高品
質な調査パネルを基盤に、インターネットリサーチから従来型手
法まで、豊富なリサーチサービスを提供しています。
2008年7月より、ヤフー株式会社との「Yahoo!リサーチ」ブラン
ド共同運営を開始し、Yahoo! JAPANを通じた調査パネルの充実、
インターネットにおけるノウハウやインターネット利用動向の活
用、そしてマーケティングテクノロジーの研究・開発を続け、こ
れまでにないサービスや価値を提供してまいります。


会社名    :ヤフーバリューインサイト株式会社
        リンク
所在地    :東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル1F
        TEL: 03-3367-1967(代表) FAX:03-3367-1961
新会社発足日 :2007年7月1日
資本金    :7億円
代表者    :代表取締役社長 田部 信(たなべ しん)
事業内容   :・マーケティングリサーチ事業
        ・データ解析事業
        ・マーケティングコンサルティング事業
        ・生活者情報データ・コンテンツ事業
         [C-NEWS] リンク        
所属団体   :・社団法人日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)
        ・社団法人日本マーケティング協会(JMA)
        ・ESOMAR(ヨーロッパ世論・市場調査協会)
        ・日本行動計量学会
        ・日本消費者行動研究学会(JACS)
・日本マーケティング・サイエンス学会(JIMS)


本件に関するお問い合わせ
─────────────────────────────
ヤフーバリューインサイト株式会社
マーケティングコミュ二ケーション室 広報

お問い合わせフォーム:
リンク
TEL:03-3367-1959 FAX:03-3367-1969

【引用・転載時のクレジット表記について】
本リリースの調査結果を引用される際は、必ずクレジットを明記
いただけますようお願いします。
例)「 Yahoo!リサーチ調べ」「Yahoo!リサーチの調査によると・・・」

─────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。