logo

世界の広告市場をTV広告が支配を続ける理由

株式会社グローバル インフォメーション 2009年02月06日 15時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Multimedia Research Group, Inc.発行の最新英文調査報告書「Advanced Video Advertising Report」の販売を開始いたしました。
米国の市場調査会社Multimedia Research Group, Inc. (MRG) が発行した調査報告書「Advanced Video Advertising Report」は、セットトップボックス向け「先端ビデオ広告」(AVA)の世界的な発展が、いかに世界の広告市場におけるTV広告の独占を支持しているかについて分析しています。既存および双方向TV広告技術の両方をトラッキングすることにより、ケーブル、Telco TV、地上波デジタルおよび衛星事業における世界の広告市場において、最も利用されている双方向手法6つそれぞれのROI評価を提供しています。また、新聞、雑誌およびラジオの広告収入が、欧州、アジア、北米および世界のその他地域において減少を続けているにも関わらず、2008年と2009年において世界のTV広告が増加する理由についても調査しています。双方向ビデオ広告の主要6タイプに注目することで、当報告書は、先端広告の実施に向けたロードマップを作成するためのコンテンツを、IPTVおよびケーブルオペレーター、また国と地域の広告主へ提供しています。例えば、Polling (ポーリング) と Voting (投票) の費用はいくらかかるのか、どのような結果が期待できるのかについて説明し、またAVAベンダー15社および広告主/オペレーター8社のプロファイル、サポートまたは使用されているAVAのタイプについても説明しています。また同報告書は、先端(ビデオ)広告を開始するための戦略とベストプラクティス、および情報リクエスト(RFI)とe-コマースを含めた、より進んだ双方向広告の形態に向けたプロセスを概説しています。MRGのアナリストMike Galli氏は、「オペレーターは1つの広告形態だけを使うよう制限されるべきではなく、多様なプラットフォームにおいて多面的なキャンペーンを提供するべきです。」と述べています。
【 英文市場調査報告書 】Advanced Video Advertising Report先端ビデオ広告の市場リンク Research Group, Inc出版日2009/01
【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業2課E-mail:sl2@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。