logo

地域コミュニティサイト「Lococom 経済産業省の『地域経済産業活性化対策調査』を受託

~近代化産業遺産に関わる33ストーリーをLococomで公開。
遺産保存・活用のモデル地域である群馬県桐生市については観光資源も含めた地域特集ページを併せて掲載~



地域コミュニティサイト「Lococom(ロココム)」を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上高志、東証マザーズ:2120)は、
このたび、経済産業省の『地域経済産業活性化対策調査(産業資源活用型地域活性化調査等事業
(近代化産業遺産の広域的な情報提供等を可能にするWEBサイトについてのビジネスモデルに係る可能性調査))』を受託いたしました。
本調査におきましては、Lococom上にて近代化産業遺産群および関連するストーリーや保存・活用事例を【近代化産業遺産特集】として掲載し、
関連する口コミ、コメントを書き込むことができるようにいたします。
またモデル地域に指定された群馬県桐生市の商工会議所等と連携し、織物関連遺産の他に、桐生市の地域資源(観光、飲食など)情報、
イベントなどの関連情報を提供し、地域の活性化に貢献いたします。


■『地域経済産業活性化対策調査(産業資源活用型地域活性化調査等事業(近代化産業遺産の広域的な情報提供等を可能にする
WEBサイトについてのビジネスモデルに係る可能性調査))』について経済産業省が本調査を行う目的は、
1.各地域が近代化産業遺産を自立的に保存・活用し、継続的な地域活性化の取り組みを可能にすること。
2.そのため、近代化産業遺産に関わるストーリーや保存・活用事例を掲載、かつ誰でも関連する情報を
発信することが可能なWEBサイトを制作・運営し、その有効性を検証すること。
弊社は本目的に適合する調査が可能であるとの評価をいただき、今回の受託となりました。

■近代化産業遺産について
経済産業省は、日本の産業近代化に大きく貢献した「近代化産業遺産」の保存と地域活性への利用を目的として、
平成19年4月に産業遺産活用委員会を設置。全国より公募された各遺産について地域史、産業史を軸としたストーリーを取りまとめ、
同年11月に「近代化産業遺産群33」として認定しています。
平成20年度にも新たに「近代化産業遺産群 続33」を認定するとともに、「産業遺産保存・活用好事例集33」を作成しています。

※近代化産業遺産の例
夕張炭田関連遺産(北海道)、佐渡鉱山関連遺産(新潟県)、日光金谷ホテル(栃木県)、織物関連遺産(群馬県)、
赤レンガ倉庫(神奈川県)、黒部川の水力発電関連遺産(富山県)、日本酒醸造関連遺産(兵庫県)、戦艦「大和」設計図面(広島県)

■群馬県桐生市との取り組み
遺産の保存・活用に先進的に取り組む「産業遺産保存・活用モデル地域」に指定された群馬県桐生市に関して、
商工会議所等と連携し、桐生市特集ページを立ち上げ、産業遺産の活用状況や他の地域資源(宿泊施設、飲食施設など)情報、イベントなどの情報を提供していきます。

■今後の取り組み
第一弾として、「近代化産業遺産群33」を2月1日にLococomにて公開しました。引き続き「近代化産業遺産群 続33」、「産業遺産保存・活用好事例集33」もサイト上に公開していく予定です。
本件調査により、近代化産業遺産を有する地域において自立的に遺産を保存・活用するためのWEBサイトの利用方法について検証するとともに、
Lococomでは今後、地域活性化のためのサービスを拡充していく予定です。

■Lococomについて URL:リンク
生活者・地域のための地域コミュニティサイト。2006 年10月開設。日記やメッセージ、写真掲載など
従来の SNS と同様の楽しみ方や自己管理ツールが利用できる個人空間「マイページ」、企業や店舗が宣伝プロモーション等できる法人空間「マチコム」、
市区郡単位の地域情報を提供・交換できる情報空間「マイタウン」の、3つの空間が構造化されているのが特徴。
地域情報としてニーズの高い、グルメ・育児関連情報のみならず、地域ニュースや地域の問題点をLococom 会員同士が意見交換する動きや、
ボランティア活動への参加など、地域に対する意識の向上・実際の行動に結びつく仕組みを提供し、地域活性化の促進を図っています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事